漢字辞典 言葉

木+由の漢字「柚」!読み方や意味などを一発チェック

投稿日:

「木と由の漢字って、読み方は?」

の漢字は、です。

さっそく読み方を見てみましょう。

という漢字の読み方は、

音読みがユ・ユウ

訓読みがゆず

となります。

では、このの意味について解説します。

スポンサーリンク

木+由の漢字!「柚」の意味は?

「果物の、ゆず?」

がくっついた漢字、

読み方はユウ、そしてゆずでした。

このという漢字の意味は、ミカン科のゆずです。

木+由でミカン科の「ゆず」

木+由のゆずは、ミカン科の背の低い木です。

高さは3m程度。

大きくなっても5m位です。

ゆずの果実の表面には、ポコポコとした突起があるのが特徴です。

また、ゆずの果実はとても酸っぱいものです。

その酸味や香りは、調味料として生かされます。

さらに、皮の部分は七味唐辛子に、そして柚子胡椒(ゆずこしょう)に、と使われます。

ゆずの生産

「ゆずって、どこで作られているの?」

ゆずの原産国は中国です。

ゆずの木は飛鳥時代から奈良時代にかけて日本に伝来した、と言われています。

ゆずは、現在では原産国の中国では作られていません。

ゆずは韓国でも作られていますが、消費や生産量は日本が多くなっています。

馬路村のゆず

ゆずの主産地は、高知県

なかでも馬路村(うまじむら)のジュースはとっても美味しいです。

ゆず湯は「血行促進」

ゆずは冬至の日にゆず湯として使われますね。

冬至の風呂にゆずを入れるのは、江戸時代からです。

このゆず湯は健康に良い、とされています。

ゆず湯の効果

「ゆず湯に入ったら、風邪をひかないよ。」

と、昔から言われています。

実際に、ゆず湯には血行促進の効果があります。

さらに、ゆずの皮には、クエン酸やビタミンCがたっぷり。

肌に潤いをもたらします。

「ゆず湯」は季語

ゆず湯冬の季語になっています。

ゆずの木は寒さや病気に強い樹木です。

そんなゆずですから、私たち人間にも元気を分けてくれるのでしょう。

ちなみに、ゆずそのものは秋の季語となっています。

次の章では、という漢字はもともとブンタンだった、というお話しをさせていただきます。

「柚」=「ブンタン」!?

「え・・・?」

「柚ってブンタンなの!?」

日本ではゆずを表す、という漢字。

じつは、このという漢字はブンタンという木を意味するものでした。

日本では江戸時代、このという漢字をゆずの意味に翻訳し、それが一般化して現在に至ります。

「由」は「ブンタンの果実」

ブンタンには、おいしい果実が実ります。

この果実がブンタンという漢字の誕生の理由でした。

ですね。

右側のの部分に注目です。

(つぼ)→ブンタンの果実

と、変化していくのです。

「由」は「壺」

まず、を表しています。

の形はに似ているのです。

の象形文字を見てみましょう。

角がとれて、なんとなくのようにも見えます。

「壺」は「つるん」

次に、(壺)はつるんと通ることを象徴するものです。

(さんずい)をつけるとですね。

油もつるんと壺の中に入っていくのです。

「つるん」とした「ブンタン」

もう一度、ブンタンを見てみましょう。

ゆずとは違い、表面がつるんとしています。

まさに、つるんとしたがお似合いの果物なのです。

そこにという字が加えられ、という漢字が誕生しました。

ブンタンは大きい

また、ブンタンの重さは500g前後。

大きいものでは1kg以上になります。

その重量感は、まさにです。

ブンタンの渡来は江戸時代です。

名産はゆずと同じく高知県。

生産量の90%を占めています。

合わせて読みたい漢字辞典

椿

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-漢字辞典, 言葉

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.