健康 子育て

紫外線が子供の目に!しっかりまもろう!

投稿日:

子供の目を紫外線から守りましょう!

大人は紫外線の怖さを知り、対策をしている方が多いですよね。

しかし日本では、子供に紫外線対策を行っていない方が、半数以上を占めているそうです。

世界的には、すでに当たり前になっている子供の紫外線対策。

今回は、子供の目の紫外線対策についてお話したいと思います。

サングラスで、子供の目を紫外線から守りましょう。

スポンサーリンク

紫外線が目に与えるダメージとは?

夏など、紫外線が強い日にお出かけした時、目の紫外線対策をしないで遊び終わった後、

目が充血していた

という経験はありませんか?

対策をせずに紫外線を浴びると、目にはかなりのダメージを与えてしまいます。

もちろん、子供の目も同じです。

水晶体への影響が

水晶体とは、目のレンズの役割をしている部分です。

水晶体は、紫外線を浴びると傷ついてしまいます

傷ついてしまった水晶体は、新しく再生する新陳代謝ができないのです。

新陳代謝ができない水晶体に、対策をせずに紫外線を浴び続けると、水晶体が白く濁ってしまい、視力低下を起こす白内障につながってしまいます。

結膜への影響が

結膜とは、白目部分を覆っている半透明の膜のことを指しています。

この結膜が、目頭側から黒目に入り込んでくる

翼状片(よくじょうへん)

という症状は、紫外線が影響しているといわれているのです。

子供は大人よりもダメージを受けやすい

子供は細胞分裂が活発なため、大人よりも環境に敏感になっています。

生涯浴びる紫外線のほとんどを、18歳までに浴びます

子供の時に浴び続けた紫外線により、大人になってからの発症リスクがアップしてしまうのです。

子供の目の紫外線対策にサングラスを

子供を紫外線から守るために、帽子をかぶっているのをよく見かけます。

紫外線カットの効果がある帽子をかぶっても、目の紫外線は30%しかカットできないのです。

そこで、子供の目を紫外線から守るのにおすすめなのがサングラス

日本では、サングラスをかけている子供の数は少ないですが、子供を紫外線から守る対策を行っている海外では、子供がサングラスをかけるのが一般的です。

紫外線カット効果のあるサングラスを選びましょう。

子供におすすめサングラス

小さい子供は、耳にかけるタイプのサングラスをかけながら遊ぶのは大変です。

そこで、おすすめなサングラスはこちら

ヘッドバンドを取り付けられるサングラスです。

フレームもやわらかく、安心して使えます。

そして、少し大きくなった子供におすすめなサングラスはこちら。

こちらもフレームがやわらかく、転んでも壊れにくいです。

紫外線カットのサングラスですが、ブルーライトもカットできる優れものです。

まとめ

18歳までに、生涯の大半の紫外線を浴びる子供たち。

将来のためにも、子供の目をサングラスで守りましょう。

サングラスと合わせて、帽子をかぶると、さらに紫外線から目を守れますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康, 子育て

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.