健康

トマトジュースの効果は!髪の毛にいい!

投稿日:2018年7月24日 更新日:

トマトジュースを飲むと髪の毛に良い効果があります。

もともと、トマトには発毛効果艶髪効果もあります。

でも、髪の毛に良い効果が表れるには、毎日大きなトマトを2個ずつ摂取しなければいけません。

毎日食べ続けるのは、トマト好きの方でも大変ですよね。

そこで!

トマトジュースの登場です。

トマトジュースなら1日コップ1杯程度飲むだけでOKなんです。

これなら続けられそうですよね。

さらに、トマトジュースに少し加えるだけで、相乗効果をもたらす油もご紹介します。

  • トマトの栄養素は
  • トマトジュースの摂取方法は
  • いつ摂取すると効果がある?

という流れでお話します。

スポンサーリンク

トマトの栄養素は

トマトには

ビタミンA・B6・C・E・H・P

カリウム・カルシウム

食物繊維・鉄分・リコピン

などが豊富に含まれています。

そのなかでも、髪の毛に有効なのはリコピンです。

リコピンの髪の毛への効果

リコピンとは、トマトの赤い色素のことを指します。

リコピンの効果で、最も知られているのが抗酸化作用です。

抗酸化作用は、体がサビてしまうのを防ぐ作用のことです。

抗酸化作用により、癌や脳卒中、高血圧、糖尿病などの生活習慣病や、体の老化を抑えてくれます。

体の老化を抑える効果が、美白や美肌など肌に良いことに繋がることで

  • 血流が良くなる
  • 血流頭皮が健康になる
  • 血流過剰分泌される皮脂を抑える

ということから、抜け毛を防ぎ健康で綺麗な髪の毛になるのです。

トマトジュースの摂取方法は

髪の毛に効果が表れるには、

リコピンが1日に約15mg

必要になります。

トマトジュースで摂取するには、コップ1杯程度160ml~200mlで摂れます。

さらに、おすすめの油と一緒に摂取すると、リコピンの吸収率がアップします。

トマトジュースの選び方

市販のトマトジュースは、塩分が含まれているタイプと、無塩タイプがあります。

髪の毛のために毎日続けて飲むことが目的なので、無塩のものを選びましょう

毎日、塩分が含まれているものを摂取しいると、健康を害してしまう可能性があります。

最強の摂取方法

髪の毛に良い効果があるリコピン。

そのリコピンを、体の中に上手に吸収する方法があるのです。

それは油と一緒に摂取することです。

リコピンは油に溶けやすく、一緒に摂ることで吸収率がUPします。

トマトジュースを飲む時、油を小さじ1杯入れると、リコピンを1.5倍の吸収できます。

油を入れて飲むことに慣れたら、油を小さじ2杯に増やして飲みましょう。

リコピンは、加熱に強い栄養素です。

そのまま飲むだけでなく、トマトジュースと油を使った加熱料理などもおすすめです。

それでは、トマトジュースと相性が良い油をご紹介します。

トマトジュースで飲むなら亜麻仁油

亜麻という一年草の種を、抽出して作られたのが亜麻仁油。

亜麻仁油にも、オメガ3必須脂肪酸という髪の毛に良い成分が含まれています。

頭皮を整え、不要な頭の油を抑え、血行も良くしてくれます。

ただ注意が必要なのは、オメガ3必須脂肪酸は、熱に弱いのです。

トマトジュースをそのまま飲む時に、一緒に摂取する場合におすすめします。

加熱もジュースもオリーブオイル

トマトに含まれているリコピンの吸収率を、オリーブオイルと同時摂取することでアップできると、研究で確認されています。

オリーブオイルは、加熱してもジュースで飲む時でも、効果が変わりません。

いつ摂取すると効果があるの?

効果的に、トマトジュースを摂取するタイミングは

夜飲む

のがおすすめです。

寝ている間に、成長ホルモンが活発になるため、髪の毛にも良い影響が与えられるのです。

飲みすぎ注意!

トマトジュースを飲みすぎると、肌が黄色になってしまいます。

この症状は、柑皮症といって、みかんを食べすぎると黄色くなるのと同じ状態です。

柑皮症になった場合は、トマトジュースを減らせば治りますが、飲み過ぎには気をつけましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.