健康 食べ物

納豆を食べ過ぎ!?副作用が起こった!

投稿日:

「納豆、食べすぎなのかな・・・?」

健康食品として名高い、納豆。

ヨーグルトと健康食品の王座を争ってる感じです。

納豆の健康効果は、ざっと、

  • 風邪の予防
  • 目覚めスッキリ!
  • 新陳代謝で若々しく
  • 筋肉・骨・皮膚・髪を作る
  • 便秘の解消

と、盛りだくさんです。

この健康食品である納豆も、やはり食べ過ぎると副作用があるようです。

納豆が大好きな筆者。

納豆が大好きすぎるあまり、若かりし頃に暴走してしまったのです。

スポンサーリンク

納豆を食べすぎた!副作用で便秘に!?

「えぇっっ!」

「納豆の食べ過ぎで便秘に!?」

納豆には健康効果が盛りだくさん!

その効果の1つには、便秘の解消があります。

納豆には食物繊維が豊富なため、便を流してくれるんですね。

納豆の食物繊維は、ゴボウの1.2倍もあるんですよ。

ところが。

筆者は若かりし頃、納豆の食べ過ぎで便秘になるという、あり得ない副作用を起こしました。

納豆の食べ過ぎ

20代の中盤で、お金もなかった私は、大好きな納豆を食べ過ぎていました。

一人暮らしの頃です。

卵かけご飯が大好きだったので、1ヶ月間

卵かけご飯の上に納豆

というメニューを、ず~っと食べ続けたのです。

お弁当も「納豆」と「卵」

昼食でも、ご飯に目玉焼きを乗せただけの弁当を作りました。

そこに、納豆をかけて食べていたのです。

たんぱく質が豊富な「納豆」

「筋肉が欲しいなぁ。」

という事で、筋トレを頑張っていた時期です。

筋肉の材料であるたんぱく質を、納豆や卵に求めた、という部分もあります。

納豆で便秘に!

すると・・・。

見事に便秘になったんですね。

明らかに、納豆の食べ過ぎ。

偏食の副作用による便秘です。

どんなに栄養豊富な食べ物でも、1ヶ月間の間、

納豆・卵・ご飯

ほとんどこの3点だけしか食べずに、良い訳がありません。

健康を考える、という発想もなかった20年以上前の暴走です。

疲れていた「20代中盤」

当時は、体調面でも疲れがとれない毎日でした。

20代の中盤が、一番疲れていた時期です。

納豆の「健康効果」を実感!

そんな筆者も30代になり、食事にバランスを意識するようになりました。

食事を手作り中心にして、野菜をたくさん摂るようにすると、体調が一気改善!

疲れなく1日を過ごせるように変わりました。

納豆の健康効果を活かせるようになったのです。

納豆の「健康効果」を実感!

納豆は40代の現在でも、好んで食べています。

大好きな納豆ですので、一度に3パックほど食べることもあります。

ただし、食べ過ぎてはいません。

一か月の納豆の購入数から、アベレージを計算すると、1日平均1パック程度。

この時点で、納豆の健康効果を体が実感できる状態になったのだと思います。

「けっこう快適・・・。」

記事冒頭で紹介した納豆の健康効果、

  • 風邪の予防
  • 目覚めスッキリ!
  • 新陳代謝で若々しく
  • 筋肉・骨・皮膚・髪を作る
  • 便秘の解消

が、それなりに実感できているのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康, 食べ物

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.