健康 食べ物

マカダミアナッツの効能と効果!「血糖値を下げる」

投稿日:

「マカダミアナッツ、すい臓を元気にするの!?」

お土産でもらうことが多い、マカダミアナッツ。

このマカダミアナッツの効能は、すい臓を元気にしてくれることです。

美味しいだけではないんですね。

さらに・・・。

「すい臓って、血糖値を下げてくれるんだ・・・!」

マカダミアンナッツの、すい臓を元気にするという効能は、血糖値を下げるという効果を生み出すのですから、ちょっとビックリです。

この記事では、マカダミアンナッツの効能と効果について、もう少し掘り下げてみようと思います。

スポンサーリンク

マカダミアナッツの「効能」

マカダミアナッツの、すい臓を元気にするという効能。

この効能は、マカダミアナッツに含まれるパルミトレイン酸によるものです。

パルミトレイン酸は、すい臓の細胞を、どんどん新しく作り直していきます。

疲れた体の部品を交換されたすい臓は、やる気満々で仕事をこなすのです。

マカダミアナッツが「ナンバー1」

マカダミアナッツには、すい臓を元気にするパルミトレイン酸が、100g中で15gも含まれています。

これは、食品のなかでナンバー1。

2位のクジラの皮が100g中に6.8g。

そして、3位の牛の肩肉が5.0gですので、ダントツに多いことが分かります。

マカダミアナッツの「効果」

マカダミアナッツの効果は、血糖値を下げるということです。

この効果は、すい臓がインスリンを分泌することで生まれるものです。

マカダミアナッツの「効果」とインスリン

マカダミアナッツが元気にしたすい臓の仕事は、インスリンを分泌することです。

インスリンというのは、たまに耳にする言葉ですね。

インスリンが運ぶ「糖」

このインスリンは、食事から得たブドウ糖を内臓や筋肉に運ぶホルモンです。

ブドウ糖はエネルギーとなり、体を元気に動かしてくれます。

マカダミアナッツの「効果」

こうして、血中の糖は体中に配分されることになりました。

血糖値が正常に保たれたのです。

それが、マカダミアナッツの血糖値を下げるという効果です。

「血糖値」が上がるとどうなるの?

すい臓が元気をなくし、分泌されるインスリンが少なくなると・・・。

そうです。

血液中の糖が運ばれなくなって、血中の糖の量が減りません。

血糖値が上がるということですね。

血糖値が上がると

血糖値が上がると糖尿病になってしまいますね。

また、血糖値が上がると血管がダメージを受けて動脈硬化による脳梗塞心筋梗塞の原因になります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康, 食べ物

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.