健康 言葉

効果と効能!違いはコチラです

投稿日:

「効果と効能って何が違うの?」

「同じ・・・かな?」

効果効能には、どんな違いがあるのでしょうか。

もしかして、同じなのかな、とも思ってしまいます。

しかしこの両者には、違いがありました。

効果効能は近いものですが、

効果が先にあって、そして効能がくっ付いてくるのです。

もう少し詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

効果と効能の違い

効果と効能の違いです。

まず、効能効き目という意味です。

そして効果とは、その効能(効き目)による結果です。

この説明だけでは、まだぼんやりしていますね。

具体例を見てみます。

効果と効能の違い!具体例です

効果と効能の違いを、ちょっと雑学的な具体例でお話しします。

マカダミアナッツの効果、そして効能の違いです。

海外旅行のお土産などでよくもらう、マカダミアナッツ。

マカダミアナッツの「効能」

このマカダミアナッツは私たちの体の

すい臓

を元気にする効能を持っています。

すい臓は血糖値を下げるという役目を持った臓器です。

マカダミアナッツの「効果」

マカダミアナッツを食べることによって元気をもらったすい臓。

すると、すい臓の血糖値を下げるという働きがスムーズに。

結果的に、マカダミアナッツは

血糖値を下げる

という効果をもたらす事に。

マカダミアナッツの「効果」と「効能」

上記をまとめます。

マカダミアナッツの効能すい臓を元気にするということ。

そして、マカダミアナッツの効果血糖値を下げると言えます。

「効能」のおかげで「効果」が!

このように、効能があるおかげで効果が出るのです。

つまり、効果と効能の違い

  • 効能が能力
  • 効果は結果

と、言い表すことができるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康, 言葉

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.