健康 食べ物

テストステロンを増やす「玉ねぎ」!食べ方はコチラ

投稿日:

「玉ねぎで、テストステロンを増やすの?」

やる気と元気の源、テストステロン

私たちに元気やる気をもたらすホルモンです。

このテストステロンは、残念なことに年齢とともに分泌が減っていきます。

テストステロンの減少は、男性の更年期障害、うつ病の原因になっています。

そうなると、元気がなくなったり、眠れなくなることも。

このピンチを救い、テストステロンを増やしてくれる食べ物が、玉ねぎなのです。

ここでは、テストステロンを増やすための玉ねぎの食べ方のコツを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

テストステロンを増やす「玉ねぎ」!その食べ方は?

「食べ方に、コツがあるの?」

やる気と元気を与えてくれる、テストステロンという男性ホルモン。

このテストステロンの分泌を増やす食べ物が、玉ねぎなのですが・・・。

玉ねぎを普通に食べるだけでは、テストステロンは増えてくれません。

しっかり増やすコツを見てみましょう。

テストステロンを増やす「玉ねぎ」の食べ方

テストステロンを増やす玉ねぎの食べ方。

そのコツは、単純です。

玉ねぎを先に加熱するのです。

玉ねぎを、切る前に加熱してしまいましょう。

玉ねぎの「アミノ酸」

「どうして、先に加熱するの?」

玉ねぎに含まれるアミノ酸は、元気の素になるテストステロンを分泌します。

このアミノ酸の名称は含硫(がんりゅう)アミノ酸と言います。

成分が変化する「含硫アミノ酸」

含硫アミノ酸は、玉ねぎを切ってしまうと違う成分に変わってしまいます。

玉ねぎを切ることで、テストステロンが分泌できなくなる訳です。

涙を出す成分に変化

玉ねぎを切ると涙が出ますね。

含硫アミノ酸が、その涙を流させる硫化アリルと言う成分に変化してしまったのです。

もったいないですね。

テストステロンを増やす!「玉ねぎ」を電子レンジで

「ところで・・・。」

「玉ねぎを先に加熱するって、どうすればいいの?」

テストステロンを増やすための玉ねぎ。

この玉ねぎの加熱には、電子レンジを使いましょう。

玉ねぎを切らずに加熱するには、電子レンジが一番簡単です。

皮をむいて「電子レンジ」へGO!

まず、玉ねぎを切らず、表面の皮をむいてしまいます。

次に、ラップをかけて電子レンジで加熱!

加熱時間は2分ほどでOKです。

我が家の電子レンジでも、あたためスタートボタンを押した2分後に加熱が終わります。

60℃程度で成分が固定!

テストステロンを分泌させる、玉ねぎの含硫アミノ酸

この含硫アミノ酸は、60℃程度で成分が固定されます。

電子レンジで熱を加えた玉ねぎは、含硫アミノ酸が固定

その後は、どんな風に調理しても大丈夫です。

硫化アリルがやる気の男性ホルモン、テストステロンを分泌させてくれるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康, 食べ物

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.