漢字辞典 言葉

唐音とは?その「読み方」はこうして伝来した!

投稿日:

「唐音って、何?」

唐音(とうおん)とは、中国から伝わった漢字の読み方、つまり音読みです。

この唐音はとういんとも読まれます。

中国の漢字が日本に伝わり、その読み方も一緒に伝来してきました。

ここでは、唐音について

  • 唐音と呉音と漢音
  • 唐音と禅宗
  • 「唐音」が伝来した流れ

といった話題で迫っていきたいと思います。

スポンサーリンク

「唐音」とは!それは漢字の読み方

唐音とは、呉音(ごおん)、漢音(かんおん)に続いて中国からやって来た漢字の読み方です。

唐音と呉音と漢音

漢字の読み方は、まずはじめに呉音という読み方が伝えられました。

この呉音、中国南部の(ご)と呼ばれる地方での漢字の読み方でした。

続いて入ってきたのが漢音

漢音は、中国南部の呉音に対して北部の漢字の読み方です。

呉音は4世紀ごろから、漢音は7世紀ごろから日本に伝来しました。

唐音と禅宗

そして、最後に伝わってきたのが唐音という読み方なのです。

唐音の伝来には、禅宗(ぜんしゅう)が多く関わっています。

禅宗は仏教の一派で、インドから中国、そして日本へと伝来。

この禅宗が日本へと伝わったときに、唐音も一緒に伝来してきました。

禅宗の用語の読み方が唐音で伝えられたためです。

「唐音」が伝来した流れ

「唐音の伝来時期は?」

唐音が伝わってきたのは、中国の王朝が(618~907年)の時代の終盤以降です。

唐音伝来の時期は、とても長く続きます。

日本の歴史でいうと、平安時代~江戸時代にまで広がるのです。

平安~鎌倉時代の唐音

一番古い時代の唐音は、日本の平安時代に伝えられました。

平安時代の末ごろには平清盛が中国との貿易を開始。

唐音は中国の商人からもたらされました。

鎌倉時代の唐音

次は鎌倉時代。

この頃、日中を渡る禅僧(留学した僧)によって伝えられました。

鎌倉時代に中国に渡った僧には、道元がいます。

道元は、曹洞宗の開祖となりました。

唐音の狭義

唐音は、狭い意味では江戸時代の初頭、17世紀に長崎から入ってきた漢字の読み方に絞られます。

この時、唐音は長崎の中国語通訳者が伝えました。

この唐音は、中国の歴史では明の末期~清の初期にかけての漢字の発音です。

唐音と隠元

また、同じ江戸時代の初頭には、禅僧の隠元(いんげん)も唐音を日本に伝えました。

唐音は「インゲン豆」と共に

中国の福建省に生まれた隠元。

隠元は中国の書物とともに唐音を伝え、なんと、インゲン豆を日本に持ち込んだのもまた、この隠元僧です。

インゲン豆はアメリカ大陸からヨーロッパに伝わり、16世紀には中国に伝来。

そして隠元が17世紀に日本に持ち込んだのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-漢字辞典, 言葉

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.