マラソン

マラソンのペース配分!これでうまくいくんです

投稿日:

「やった!ゴールラインだ!」

マラソンのゴールライン、笑顔で飛び込みたいですね。

このようにマラソンのゴールラインを切るための大事なこと

それは、ペース配分です。

このペース配分には、ひとつのポイントがあります。

それは・・・。

オーバーペースを避けることなのです。

それでは、さっそく見ていきましょう!

  • マラソンのペース配分で大事こと
    オーバーペースになりやすいパターン
  • マラソンのペース配分のコツ
    自分主体のペース配分

という順番でお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

マラソンのペース配分で大事こと

マラソンのペース配分で大事なこと。

それは、オーバーペースになってしまわないことです。

オーバーペースで失敗してしまう場合。

それは、2つのパターンが考えられます。

ペース配分の失敗①

マラソンのペース配分の失敗。

1つ目は、スタート直後のオーバーペースです。

「あれ?体が動くぞ!?」

「体が軽い!すごいタイムが出るかも!」

もしくは、レース序盤に魔のささやきが聞こえます。

「今日は絶好調だ!このまま行ってしまえ!」

という感じですね。

この声に従ってペースアップしてしまうと。

マラソンレース後半に、ペースダウンは一気にやってきます。

「ハァ、ハァ・・・。キツイ。」

「体が言うことをきかない!!」

ということに。

自分自身の問題でペース配分を失敗

オーバーペースになってしまうのは、もったいないですね。

あくまでも、目的はゴールにたどり着くことのはずです。

もしくは、目的はご自分の記録を伸ばすことにあるのではないでしょうか。

ペース配分の失敗②

マラソンでペース配分を失敗する、もう1つのパターンです。

それは、

気がついたらオーバーペースだった

という場合です。

これは、周りのランナーに影響されてしまうパターンです。

周りのランナーがレース前半に飛ばす場合。

その集団のペースを自分のペースとしてしまうんですね。

集団にそのままついていき、その集団を競争相手としてしまうと・・・。

抜かれた相手を抜き返してしまう、ということにもなりかねません。

これは、自分のペースではありませんね。

前半は競争することを楽しむ体力もあるでしょう。

しかし、それは体力の無駄遣いです。

そのため、後半の走りは過酷なものに。

楽しさは一切なく、苦しさばかりで体は動きません。

あくまでも自分のペース配分を。

周りのペースに惑わされてはいけないのです。

それでは!

後半の章では、オーバーペースを避けるペース配分のコツを見ていくことにしましょう。

マラソンのペース配分のコツ

マラソンのペース配分のコツ。

それは、自分とうまく付き合うことです。

「早く走りたい」と思う感情の自分実際に走ってくれる体としての自分、そしてその両者をコントロールする理性としての自分です。

まず、スタート直後は ゆっくりと走りましょう。

「ウォーミングアップして体が温める」くらいの気持ちでOKです。

スタートしたら、まず自分の体の状態を知りましょう

体の状態に合わせ、少しずつ自分のペースに持って行くのです。

自分のペースを知ろう!

ここで、自分のペースということもポイントになります。

自分のペースは普段の練習で体感していきましょう。

一番のおすすめは、マラソンで自分が目指すタイムのペースで練習を行うことです。

練習のランニングで、そのスピードを体で覚えてしまうのです。

体で覚えたペースを、マラソンレース本番でも実践しましょう。

そして、自分のスピードで気持ちよく走れたら、そのペースを維持しましょう。

◆ペース配分の落とし穴!

実は、この「自分のペース」で走ってる時もちょっとした危険が潜んでいます。

気持ちよく走っていると・・・。

「もう少しだけ、早いペースで走れそうだ」

という欲が出てきてしまい、ペースアップしてしまうのです。

ペース配分の落とし穴です。

自分のペースを維持しましょう

また、体からの声にも耳を澄ましましょう。

少しでも「あ、キツくなってくるかも。」と感じたら、その声に従ってペースを落とします

体力のロスを最小限に食い止めるのです。

後半のペース配分

マラソンのレースの後半から終盤

少しずつペースはダウンしてきます。

これは、とても自然なことです。

「体にかかる負担がイーブンペースで良い」

と考えましょう。

終盤は、少しずつスピードをダウン

スピードとしてのペースがダウンしても、実はそれが一番良いペースなのです。

さあ!ゴールです!

楽しく走り、爽快な気持ちでゴールを迎えましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-マラソン

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.