子育て

小学生の年齢は?学年ごとに表でチェック!

投稿日:

小学生の年齢を学年ごとに、表で簡単に見ていきましょう。

子供の年齢をたずねた時、

「来年小学校に入学するんだ」

「小学5年生になったよ」

と小学校の学年で答えられることがありますよね。

学年で答えられても、何歳なのかわかりません。

そこで小学生の年齢を、わかりやすく表でご紹介します。

スポンサーリンク

小学生の学年ごとの年齢

まず最初に、幼稚園や保育園、こども園を含め、義務教育の小学校から中学校までは

4月2日~翌年4月1日に誕生日を迎える子供が1学年

になります。

そして学年は、

4月1日時点での年齢

が基となるのです。

なので4月1日の時点

  • 満6歳・・・小学校1年生
  • 満7歳・・・小学校2年生
  • 満8歳・・・小学校3年生
  • 満9歳・・・小学校4年生
  • 満10歳・・・小学校5年生
  • 満11歳・・・小学校6年生

となります。

そして4月2日~翌年4月1日までの間に誕生日が来ると

  • 満7歳・・・小学校1年生
  • 満8歳・・・小学校2年生
  • 満9歳・・・小学校3年生
  • 満10歳・・・小学校4年生
  • 満11歳・・・小学校5年生
  • 満12歳・・・小学校6年生

となります。

それでは小学生の学年の年齢を、表で見てみましょう。

学年 4/1時点 誕生日
小学1年生 6歳 7歳
小学2年生 7歳 8歳
小学3年生 8歳 9歳
小学4年生 9歳 10歳
小学5年生 10歳 11歳
小学6年生 11歳 12歳

・・・・・・・

となります。

小学校へは、6歳で入学12歳で卒業をします。

小学生って学年ごとに何ができるの?

小学生は、学年ごとで何ができるようになるのでしょう?

算数で見ていきたいと思います。

各学校により差がある可能性があります。

小学校1年生は!

入学したら、新しい環境に慣れるところから始まります。

算数では、1~10までの書き方を習い、おはじきなどを使い数え方を習った後、足し算と引き算を中心に勉強します。

100までの数字を学びます。

小学校2年生は!

足し算と引き算では、2桁の筆算を習います。

そして2年生からは掛け算が登場します。

九九で算数が苦手になる子もでてきます。

苦手にならないように、自宅でも九九の歌やDVD、現代ではYouTube等を用いて、楽しく学べるようにするのも、おすすめです。

小学校3年生

足し算と引き算では3桁~4桁や、小数を習います。

掛け算では筆算を学習します。

そして3年生から割り算、円や球、秒と分などが登場します。

小学校4年生は!

割り算の筆算を学習します。

掛け算と割り算では、小数も覚えます。

垂直や平行と四角形、角の大きさ、面積のはかり方、直方体と立方体などが登場します。

小学校5年生は!

偶数と奇数、倍数と約数、平均や割合などが登場します。

三角形や四角形の面積、直方体や立方体の体積を学びます。

どんどん難易度が上がっていきます。

小学校6年生は!

文字を使った式の表し方を学びます。

円の面積、角柱と円柱の体積、およその面積、比例と反比例、拡大図と縮図、速さなどが登場します。

大人でも難しくなってきます。

まとめ

小学生の年齢を学年ごとにご紹介しました。

学年は4月1日時点での年齢が基となり、4月2日~翌年4月1日に誕生日を迎える子供たちが1学年となることをお伝えしました。

小学校へは、6歳で入学し12歳で卒業をします。

6年間で、たくさんの事を学ぶ小学生。

元気に健やかに成長してほしいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-子育て

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.