お出かけ情報 子育て

新潟の釣り堀!その場で食べる!

投稿日:

魚が美味しい新潟。

今回は、

  1. 釣り堀で自分で釣って
  2. 係員さんが下処理をしてくれ
  3. その場で焼いて食べる

そんな、子供と一緒でも安心して楽しめる釣り堀胎内フィッシングパークをご紹介します。

スポンサーリンク

胎内フィッシングパークへGO!

新潟といえば海!ですが、釣り初心者や、子供連れだと、釣り道具一式を揃えて海釣りに行くのは大変です。

そこで!

準備不要の釣り堀に出かけましょう。

今回、おすすめするのは胎内フィッシングパークです。

手ぶらで胎内フィッシングパーク

広い敷地で、子供も大人もゆったり釣りを楽しめます。

ニジマスヤマメイワナなどが釣れますよ。

新潟県の下越地方にある胎内フィッシングパークの流れをご紹介します。

♦まずは受付へ

無料の駐車場に車と停めて、いよいよ釣り堀へ向かいましょう!

最初に受付入場料とレンタルする分の釣り竿代を払います。

【入場料】

小中学生 100円

大人(高校生以上)200円

未就学児は無料

【レンタル】

釣り竿(えさ付)200円

入場料と釣り竿代を払うと、当日チケットと、釣り竿をレンタルした数分の釣りえさ用のチーズがもらえます。

釣りえさは、足りなくなったら受付で1個50円で購入できます。我が家の場合は、最初の分でじゅうぶん楽しめました。

次に、受付の左側にあるさお貸出し釣り竿をレンタルします。

受付でレンタル料を支払った数の釣り竿を選んで借ります。

♦釣りを楽しもう!

釣り堀の池へ向かう途中に、釣った魚を入れるバケツがありますので、持ちます。

釣りスポットに着いたら、最初にバケツに池の水を3分の1程度汲みます

準備も整いました。

釣り竿にえさを付け、釣りを楽しみましょう

【釣り堀ルール】

釣った魚は池へ戻すことを禁止されています。

必要な数を釣りましょう。

♦釣った魚を精算所へ

釣った魚をバケツに入れて精算所へ行き、魚の料金を払いましょう。

【魚料金】

100g 250円(下処理・焼きまたは氷代含む)

料金を払った後、清算所の向かいで係員さんが魚の下処理をし、焼く場合は串にさしてくれます。

生で持ち帰る場合は、下処理後、氷が入っている袋に魚を入れてもらえます。

♦釣った魚を焼いて食べよう

焼き場へ向かい、係員さんの指示に従って、自分で釣った魚を焼きましょう

焼き方をていねいに教えてくれます。

焼いた魚は、その場で食べるのも良し!

焼いてから持ち帰るのも良し!

持ち帰る場合は、串を取って赤いバケツの中に返却して、魚だけを持ち帰りましょう。

焼く時間は、閉園1時間前までになっていますので、それ以降は生での持ち帰りになります。

焼いている最中、魚に目印を付けてくれるので安心です。

売店があり、焼きおにぎりや味噌汁、ソフトクリームがありました。

焼きおにぎりは、注文してから焼いてくれるので、温かく、こうばしい香りが食欲をそそります。

焼きあがった魚と一緒に食べるのをおすすめします。

テーブルや椅子もありますが、芝生の上に敷物を敷いて食べるのも楽しいですよ。

胎内フィッシングパーク情報

【住所】〒959-2823 新潟県胎内市熱田坂631

【電話】0254-48-3435

【営業期間】毎年4月下旬~10月下旬

【営業時間】

平日 10:00~16:00

土日・祝 9:00~17:00

【入場料】

小中学生 100円

大人(高校生以上)200円

未就学児は無料

【レンタル】釣り竿(えさ付)200円

【魚料金】100g 250円(下処理・焼きまたは氷代含む)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お出かけ情報, 子育て

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.