バスケットボール

バスケのフリースロー!コツを一発チェック

投稿日:

「フリースローってコツはあるの?」

バスケのフリースロー。

このフリースローを決めるコツを解説します。

  • 良いイメージを持つ
  • ルーティン
  • 息を止める
  • 緊張感に慣れる
  • 罰ゲームで練習効果アップ!

という切り口で見ていきます。

それでは、フリースローで良いイメージを持つというお話からスタートです。

スポンサーリンク

バスケのフリースローのコツ!この3つでスムーズに

「ん!?」

「フリースローだけど、緊張しないぞ・・・!」

常に緊張感が伴う、バスケのフリースロー。

このフリースローでガチガチにならず、スムーズに、動作に入れるコツを見ていきます。

バスケのフリースローのコツ①「良いイメージを持つ」

「やった!」

「フリースローを決められたぞ!」

バスケのフリースローのコツはまず、成功した時の記憶で打つということです。

成功の記憶でシュートを打つことによって、成功した時と同じように動くように、脳が体に指示を送るのです。

「そんなこと言われても、失敗した時の記憶を思い出しちゃう。」

シュートを外しそうなイメージが、頭から離れない場合でも大丈夫。

そんな思考は、次に紹介するルーティンの思考に置き換えることが可能です。

ルーティンに、頭の中を支配させるのです。

バスケのフリースローのコツ②「ルーティーン」

バスケのフリースローのコツ。

2つ目です。

フリースローをスムーズに行うため、ルーティンを、自分のオリジナルで持ちましょう。

「決まり事」を持つ

ルーティンというのは決まり事という意味です。

フリースローを打つ前に、同じ動作を決まり事として、いつも行うのです。

「ルーティン」は何でもOK

例えば、

  • ボールを床に2回バウンドする
  • 手の中でボールをくるっと回す
  • 天井を見上げてつぶやく

という感じです。

何でもいいのです。

自分の好きなルーティンを見つけてみましょう。

頭のなかを「埋める」

このルーティンを行うことで、自分の心の中に雑念が入るのを防ぎます

自分の頭の中のスペースをルーティンを行うという思考で埋めてしまうのです。

バスケのフリースローのコツ③「息を止める」

バスケのフリースローのコツ。

3つ目です。

これは、フリースローを打つ時に息を止めるというものです。

息を止めるタイミング

フリースロー打つ時はバスケのプレー中ですので、息が乱れています。

まずは、その呼吸を整えましょう

次に、息を止めるタイミング頭の上にボールをセットした時です。

フリースローに集中!

息をしながらシュートすると、シュートの動作の中に呼吸の動きが入り込んでしまいます。

つまり、シュート呼吸という二つの動作を同時に行うことは無理があるのです。

余計な動作をせず、フリースローの動作に集中しましょう。

バスケのフリースローのコツ!試合と同じ「緊張感」を

バスケのフリースローのコツ。

緊張感を持った練習をするということです。

シュート練習をたくさんするのはもちろん必要です。

ですが、ゲーム中のフリースローの場面では緊張感がやってきます。

そのため、緊張感に対応する練習が必要になるのです。

バスケのフリースローのコツ④「緊張感に慣れる」

緊張感を持ったフリースローの練習を行いましょう。

「○本決めるまで、終わらない」

と、ノルマを与えて緊張感を自分に演出するのです。

成功本数を宣言しよう

周りの誰かに、成功する本数を宣言するのもアリです。

試合中は、フリースローを2本や3本連続して打ちます。

ですので、その本数を「連続で決める」と宣言しても良いでしょう。

また、10本中の2本だけ落としてもよい、という様なノルマ設定もあります。

成功体験の「刷り込み」

これらの設定目標を達成した時は、しっかりと喜びましょう

それは、自分の心に成功体験を刷り込む作業なのです。

バスケのフリースローのコツ⑤「罰ゲームで効果アップ!」

緊張感アップのため、罰ゲームも効果があります。

罰ゲームは、腕立てやダッシュなどです。

特に、ダッシュはオススメです。

息切れのなかで「フリースロー練習」

ダッシュを何本かした後の、息が乱れた状態からのフリースローを行いましょう。

試合と同じように、息を整えてルーティンを行い、再び罰ゲームの緊張感のなかで設定目標のクリアを目指すのです。

このように、ダラダラしない内容の濃い練習で、フリースローの力を付けていきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.