バスケットボール

バスケのディフェンスのコツ!ここで一発チェックです

投稿日:

「バスケのディフェンスって、どうすればいいの?」

まず、バスケのディフェンスのコツをボールを持った相手に対する動き方から見ていきましょう。

  • 基本姿勢
  • 手の位置
  • スタンス
  • フットワーク
  • 強い気持ち!

という切り口で探っていきます。

終盤では、ボールを持っていない相手に対するディフェンスの仕方も解説します。

お見逃しなく!

スポンサーリンク

バスケのディフェンスのコツ!

「ボールを持っている相手・・・。」

「ディフェンスのコツって、あるの?」

バスケのディフェンスのコツを見ていきます。

まず、ボールを持っている相手に対するディフェンスです。

ディフェンスの基本は1on1で守る、というこです。

その基本の上に、ゾーンディフェンスがあります。

そのため、「マンツーマンをしっかりやる」という意識のないチームがゾーンディフェンスをすると、「その場所に立っているだけ」という状態になってしまうのです。

前置きはこれ位にして、ディフェンスの基本姿勢からのスタートです。

バスケのディフェンスのコツ!「基本姿勢」

バスケのディフェンスのコツを基本姿勢から見ていきましょう。

自分のマークマンがボールを持った場面です。

1on1の状態です。

この時の立ち位置は、オフェンスゴール結ぶラインの上になります。

ディフェンスの「基本姿勢」

このディフェンスの基本姿勢は、

  • 腰を落とす
  • 片手を相手の顔付近に
  • 逆の手をボール付近に

という形を取ります。

この基本姿勢の、それぞれの効果を見ていきましょう。

腰を落とす

自分の顔が相手の胸の高さになる程度に、腰を落とします。

このように腰を落とすことで、相手プレイヤーの前後左右(+上下)の動きに対応しやすくなります。

手の位置

手の位置はまず、片手を相手の顔付近に。

高い位置でのボールの動きにプレッシャーをかけるためです。

この手の効果で相手は、シュートやオーバーヘッドのパスが、しにくくなります。

手の位置「もう片方の手」

もう片方の手は、相手の足元に差し伸べます。

足元にディフェンスの手があるとドリブルがしにくいという効果が。

さらに、バウンズパスを防ぐ効果もあります。

バスケのディフェンスのコツ!「スタンス」

バスケのディフェンスのコツ。

今度はスタンスです。

「自由にドリブルさせたくない!」

という時。

まず、相手プレイヤーの利き手が左右どちらなのか、知りましょう。

利き手でドリブルさせない

例えば相手の利き手が、右手の場合。

左手でドリブルさせる様に、追い込みます。

「どうやって、追い込むの?」

ドリブラーを追い込むスタンス

右利きの相手には、自分の左足を前に出すスタンスを取ります。

相手からすれば、ドリブルを始めたい場所に、ディフェンスの足があるのです。

そのため、「ドリブルをスタートしにくい」という効果があります。

バスケのディフェンスのコツ!「フットワーク」

バスケのディフェンスのコツ。

今度は、フットワークです。

ドリブルをする相手に対するフットワークは2種類です。

それは、スライドステップクロスステップです。

スライドステップ

スライドステップは、腰を低くしてすり足で移動します。

このステップでは、両足を交差させません。

両足が交差しないことで、相手のどんな動きにも反応しやすくなるのです。

クロスステップ

サイドステップではスピードに乗ったドリブルには対応できません

そんな場面ではクロスステップを。

このフットワークでは、足を交差させます。

重心は少し高くなってしまいますが、相手のスピードについていけます。

「手の位置」を効果的に!

相手がドリブルしている時、片手をボールに近づけましょう

これはディフェンスの基本姿勢でも触れましたが、ドリブルをしにくくする効果があります。

残ったもう一方の手は、相手の進路を塞ぐようにしてプレッシャーをかけましょう。

さらに、ドリブルコースに体を入れることができれば、相手ドリブラーを苦しいポジションまで追い込むことが可能です。

バスケのディフェンスのコツ!「強い気持ち」

バスケのディフェンスのコツには、強い気持ちという要素も大きく含まれます。

逆に言うと、「絶対に抑えてやる!!」という気持ちがなければ、相手に得点されてしまうのです。

この強い気持ちは、ゲーム中だけではありません。

強い気持ちを持った練習で、確実に実力がアップしてきます。

練習で自信を

バスケでは、オフェンスよりもディフェンスの方が練習の効果を出しやすい、と言われています。

基礎トレーニングの

  • 筋トレ
  • 走り込み

体力をつけることも大事です。

体力がつけば、重心を落としたディフェンスが可能になります。

相手のオフェンスを好きにさせません。

練習に裏打ちされたディフェンスができれば、強気の声も自然に出てくるでしょう。

ディフェンスは「手」を上げて

「ハンズアップ!」

気合を入れて、手を上にあげてみましょう。

「シュートもパスもさせない!」

「抜かるもんか!」

という強い気持ちが、相手に伝わります。

バスケのディフェンスのコツ!「オフボール編」

「ボールを持っていない相手をディフェンスするの?」

バスケでディフェンスする相手は、ボールを持っているプレイヤーだけではありません。

ボールを持っていない選手に対しても、オフェンス有利な状態でボールを持たれない様にディフェンスします。

このオフボールのディフェンスは、2種類に分かれます。

まず始めに、1パス圏内の選手に対するディフェンスを。

そして次は、ボールから離れた場所の選手のディフェンスについて解説します。

バスケのディフェンスのコツ!「1パス圏内」

ボール保持者から距離が近く、一度のパスでボールをもらえる1パス圏内の選手。

その選手対してのディフェンスです。

パスコースをふさぐ!

この時、相手がパスを受け取れないディフェンスをします。

パスコースに体を半分入れて、マークマンにボールが渡らないようにします。

ディフェンスのやり方

  1. 背中を向ける
  2. まず、ボールを持っている選手に背中を向けます。

  3. 2人に視線を
  4. 視線で「ボールマン」と「自分がマークする選手」の両方の動きを捉えます。

  5. パスコースをふさぐ!
  6. パスコースに片手と片足を入れ、パスを出せない様にプレッシャーをかけます。

  7. 「手のひら」をボールに
  8. パスコースに出した「手のひら」は、ボールに向けます。
    「手のひら」をボールに向けておけば、パスが来た時のボールに対する反応が1テンポ早まるのです。

注意するコト

この時、注意する事があります。

それは、パスコースを消そうとするあまり・・・。

体の重心が前のめりになってしまう事です。

重心が前のめりだと、オフェンスの後ろ側(=ゴール方向)への走り込みには、付いていけません。

これは、相手オフェンスのゴールに直結します。

バスケのディフェンスのコツ!「ボールが遠い時」

最後は、ボールから遠い場所の選手をディフェンスするコツです。

この場合は、自分がディフェンスする選手から距離をとります

「遠い、ってどれ位なの?」

ディフェンスする選手との距離は、パスが飛んできた時にその選手の所まで帰れる距離です。

ボールが遠い時のポジションは?

ボールが遠い時のポジションは、パスが飛んでくるラインよりも、ゴール側に少し引っ込んだ場所です。

このポジションにいれば、パスコースを塞ぎながら味方の選手を助けることが可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.