バスケットボール

バスケのレイアップ!コツを解説します

投稿日:

「レイアップシュートって、どうすればいいの?」

まず、レイアップシュートとは。

それは、走りながらゴールに向かってジャンプして行うシュートです。

こちらの記事ではまず、そのレイアップシュートのコツについて解説します。

後半は、レイアップシュートのステップのやり方をお話していこうと思います。

それでは早速、

  • バスケのレイアップ!コツはこちら
  • バスケのレイアップ!「ステップ」のやり方

という順で見ていきましょう。

スポンサーリンク

バスケのレイアップ!コツはこちら

バスケのレイアップのコツ

  • 上にジャンプする
  • リングを見てシュート
  • ボールを投げない

という3つが挙げられます。

ちなみに、ボールを投げないというのは感覚的なものです。

バスケのリングに、ボールをそっとおいてくる

そんなイメージです。

そして、これらのレイアップのコツは実際にやってみると、そんなに楽ではありません。

このコツを簡単に行うには、上にジャンプできる様になるということがポイントになってきます。

バスケのレイアップ!コツは「上にジャンプ」

「・・・上に飛ぶ?」

「そりゃあ、そうでしょう!」

と、思われるかもしれません。

ところがこのレイアップシュート、上にジャンプするのが結構むずかしいのです。

横に流れるシュート

ジャンプした時、体が横に流れてしまうんですね。

ジャンプが上ではなく、進行方向にだらだらと流れたものになっしまうのです。

レイアップが入らなかった筆者

中学生時代の私は、練習ではレイアップシュートが入っていても、ゲームになると・・・シュートを落としていました。

速攻の時、がんばって走ってからのレイアップシュートが苦手だったのです。

横に流れたレイアップシュートになっていたんですね。

原因は体力不足

これは、体力のなさに大きな原因があります。

自分の体をゴールの近くまで持っていくのが精一杯で、まともにジャンプする体力を残せていなかったのです。

レイアップを入れる!

この状態を解消するには、どうしたらいいのか。

それは走り込み筋力アップです。

基礎的な体力がつけば、ディフェンスからのプレッシャーにも負けず、

真上に飛ぶ

イメージでレイアップシュートが打てるようになります。

弱かった「足の筋肉」

私の場合は、スクワットで足の筋力をつけたら、

「あれ!?・・・上に飛べるぞ!」

と、ジャンプが楽になりました。

それまでは、適当に放り投げるようなレイアップシュートでした。

それが体力がつくにつれて、優しくボールを置いてくるという感覚のレイアップシュートに変わっていきました。

バスケのレイアップ!「ステップ」のやり方

バスケのレイアップシュートについて

今度はステップのやり方について、お話しします。

具体的な例で、右サイドからのドリブルのレイアップシュートを見ていきます。

レイアップの「やり方」と「ステップ」

では、ステップを説明していきます。

①左足で踏み切る

ドリブルしてゴールが近づいてきたら、左足で踏み切り(ジャンプし)ます。

そのまま、空中でボールを持ちます。

ドリブルしていた時のスピードを減らさない意識を持ちましょう。

横方向のスピードを、上方向へのジャンプ力に変換するためです。

②右足で1歩目のステップ!

1歩目のステップを右足で踏みます。

これで、ボールをスチールされないように注意しましょう。

③左足で2歩目のステップ!

2歩目のステップを、左足で踏みます。

このステップで、リングに向かってジャンプ

リングを見ながら、真上にと意識してジャンプします。

④ボールをリリース

ボールを右手でリング方向に持ち上げ、右ひざを高く引き上げます。

右ひざを伸ばしながら、ボールをリリース!

シュート後は、右の手のひらが自分に向いています。

始めは「ボード」に当てる

レイアップシュートに慣れるまでは、シュートボールをバックボードに当てましょう。

バックボードに当てたほうが、確実にシュートが決められます。

例外

エンドラインから切り込んだ場合、無理にバックボードに当てる必要はありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.