バスケットボール

バスケのスクリーンとは!種類はこの4つ

投稿日:

「バスケのスクリーンって、なに?」

  • バスケの「スクリーン」とは何か
  • 「スクリーンアウト」との違いは?
  • 「スクリーン」の種類は?
  • 「スクリーン」のやり方やコツは?
  • 反則にならない「スクリーン」のかけ方は?

そんな疑問を解決していきます。

それでは、さっそく見ていきましょう!

まず、スクリーンとはでした。

スポンサーリンク

バスケの「スクリーン」とは

バスケのスクリーンとは、オフェンスの選手が味方の選手のために、自分の体を壁(スクリーン)として使う技術です。

味方の選手は、この壁の近くをすり抜けることで、ディフェンスの選手を壁にひっかけ、フリーになることができます。

バスケの「スクリーン」と「スクリーンアウト」

「あの・・・。」

「スクリーンとスクリーンアウトって、同じ?」

バスケットボールでは、スクリーンスクリーンアウトとは違う意味として使われます。

まずスクリーンとは、上で説明したようにフリーの選手を作る目的で壁を作ること。

そして、スクリーンアウト

こちらは、リバウンドを取るためのです。

リバウンドのポジションに入られない様に、自分の体をとして、敵の進路をふさぐのです。

バスケのスクリーン!やり方のコツは?

バスケのスクリーン。

やり方のコツは、胸か股のあたりで腕を組むということです。

この動作で、「自分は反則をしていません。」ということをアピールすることができます。

相手に手を出していないので、反則になりにくいのです。

また腕を組むことで、相手が強く接触してきた場合のケガの防止にもなります。

これはファウルの防止であり、相手の当たりから身を守るクッションでもあります。

止まってスクリーンを!

スクリーンのかけ方のコツとして、止まるということも反則の防止になります。

これは、止まってになることは許されているからです。

逆に、動きながらになっても、それは「ぶつかった」とみなされて、反則になってしまいます。

バスケのスクリーン!種類は4つです

バスケのスクリーンで得点に直結するものを紹介します。

まず、ボールを持たない選手同士が行うものが2種類。

そして、ボールを持った選手が行うものも2種類あります。

合計で、4種類です。

ボールを持たない選手同士が行う「スクリーン」

ボールを持たない選手同士が行うスクリーンで、フリーの選手を作れば、得点のチャンスにつながります。

その2種類のスクリーンはそれぞれ

  • ダウンスクリーン
  • バックスクリーン

と、呼ばれています。

ボールを持った選手が行う「スクリーン」

ボールを持った選手が行うスクリーンも2種類。

そのスクリーンはそれぞれ、

  • インサイドスクリーン
  • アウトサイドスクリーン

と呼ばれ、2人のコンビネーションで得点を狙います

それでは、その4つの種類のスクリーンのやり方を、次の章で見てみましょう。

バスケのスクリーンの「種類」と「やり方」

「4種類のスクリーン・・・。」

「やり方は?」

バスケの4種類のスクリーン。

それぞれのやり方のコツをお話します。

スクリーンの種類①ダウンスクリーン

スクリーンの1種類目は、ダウンスクリーンです。

ボールを持っていない2人で協力し、フリーの選手を作ります。

始めの位置

一人は、ローポスト(制限区域の外側で、エンドラインの近く)に。

もう一人は、ハイポスト(フリースローライン付近)に位置をとります。

やり方のコツ

ハイポストの選手が、ローポストの選手のディフェンスに近づき、スクリーンをかけます。

ローポストの選手はこのの脇を通ってフリーになり、パスをもらってシュート!

フリーになる位置は、インサイドでもアウトサイドでもOKです。

スクリーンの種類②バックスクリーン

スクリーンの2種類目は、バックスクリーンです。

このスクリーンも、ボールを持たない選手同士で行います。

始めの位置

バックスクリーンは先ほどの逆です。

ローポスト(エンドライン側)の選手が、ハイポスト(フリースローライン付近)の選手に近づいてスクリーンをかけます。

やり方のコツ

ハイポストの選手は、作ってもらった壁(スクリーン)を利用してディフェンスを引き離します。

フリーになれたらインサイドでパスをもらってシュート!

スクリーンの種類③インサイドスクリーン

バスケのスクリーンの種類。

ここからは、ボールを持った選手が絡むスクリーンのやり方をお話します。

はじめは、インサイドスクリーンです。

このインサイドスクリーンでは、ボールを持った選手をフリーにします。

やり方のコツ

ボールを持った選手のディフェンスの進路に、壁(スクリーン)を作ります。

ボールを持った選手はドリブルで進みながら、ディフェンスを壁にひっかける感じで引き離します。

ボールの保持者のシュート!

ボールを持った選手がシュートエリアでフリーになれば、それは絶好のシュートチャンスです。

スクリーンをかけた選手にもチャンスが!

スクリーンをかけた選手にも、シュートチャンスが訪れます。

なぜなら、スクリーンをかけた選手スクリーンをかけられた選手よりも、ゴールに近い場所にいるのです。

スクリーンをかけた選手は反転してゴール方面を向きましょう。

攻撃に参加すれば、2対1の状況を作り出すことができます。

パスをもらってシュートができるチャンスを見逃す手はありません。

スクリーンの種類④アウトサイドスクリーン

バスケのスクリーン。

4種類目は、アウトサイドスクリーンです。

こちらも、ボールを持った選手が絡むスクリーンプレイです。

このスクリーンではなんと、ボールを持っている選手が壁を作る役割を担うのです。

やり方のコツ

ボールを持っている選手に向かって、味方が走り込みます。

走り込む選手は、ボールを持っている選手のギリギリ近くを通過。

ボールを持っている選手をとして、自分でディフェンスを振り切ります。

このすれ違い様に、ボールを持った選手走り込んだ選手ボールを手渡します。

フリーの選手が誕生!

この流れで、フリーでボールを保持する選手が生まれます!

その後は、シュート打つなりアシストパスを出すなり、優位な状態でプレーをすることができます。

ボールを渡す選手の「選択肢」

元々ボールを持っていた選手は、ボールを渡さないという選択肢を持っています。

ボールを渡すふりをしてシュートとするなど、自分が攻撃を仕掛けるのもアリです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.