バスケットボール

バスケのリバウンド!コツをしっかり解説します

投稿日:

「リバウンド!」

バスケのリバウンドのコツを、色々と解説します。

まず、リバウンドのためのポジションの取り方

リバウンドが落ちる場所の予測。

両手片手そして弾くリバウンドの使い分け。

さらに、ディフェンス側だけではなく、オフェンスの場合のリバウンドのコツについてもお話します。

スポンサーリンク

バスケのリバウンド!取り方のコツってあるの?

「リバウンドの取り方って、コツはあるの?」

リバウンドの重要性は、ディフェンスにとっては死守しなければいけないというものです。

リバウンドが取れなければ、相手チームに攻撃され続けてしまいます。

このバスケのリバウンドの取り方のコツは、ズバリ!

ポジションの取り合いに勝利することと言えるでしょう。

リバウンドが取れるポジションを確保するのです。

このリバウンドが取れるポジションは、スクリーンアウト(壁)という技術を使って確保します。

バスケのリバウンドは「ポジション取り」

バスケのリバウンドの基本技術は、スクリーンアウトです。

このスクリーンアウトは、自分の体を壁として使います。

相手チームの選手の道を塞ぎ、リバウンドが取れるポジションに入れないのです。

ちなみに、スクリーンアウトは、ボックスアウトブロックアウトとも呼ばれています。

それでは次に、このスクリーンアウトを成功させるコツを見ていきましょう。

「ポジション取り」はスクリーンアウトで!

スクリーンアウトのコツはこちらです。

相手チームがシュート打ったところから、ディフェンス側の目線で見ていきましょう。

相手チームがシュートしたら・・・。

まず、シュートの軌道を見ながら、自分のワークマンに触れて互いの位置関係を把握します。

次は、シュートされたボールを見ながら、自分のマークマンに背中をくっつけます。

この背中が相手の進路を塞ぐ壁となるのです。

背中で相手を捕まえたら、しっかりとヒジを張り、足を広げて重心を落としましょう。

ここで相手に自分の体重をかけることで、相手はジャンプはしにくくなります。

スクリーンアウトのコツ

このスクリーンアウトには、コツがあります。

それは、相手を上半身で押さえ込もうとしないこと。

相手の動きを止めるために、相手の下半身を押さえましょう

自分の重心を低くして、相手の動きを自分のお尻で止めるイメージです。

バスケのリバウンド!「取り方」は3種類

バスケのリバウンドの取り方は3種類あります。

  1. 両手でリバウンドを取る(ボーズハンド)
  2. 片手でリバウンドを取る(ワンハンド)
  3. ボールを弾(はじ)く

というものです。

まずは、両手のリバウンドから説明していきます。

リバウンドの取り方!「両手」

両手を使ったリバウンドは、確実にボールを取ろうという状況で行います。

確実にという場面は、自分がマークマンをしっかりとスクリーンアウトできた時です。

両手のリバウンドは、片手のリバウンドに比べて高さが低くなります。

それでも相手を完全にブロックできていれば、確実にリバウンドを取ることができるのです。

両手のメリットは、片手に比べてリバウンド後にボールをスティールされにくいということがあります。

リバウンドの取り方!「片手」

次は、片手でボールをつかむリバウンドです。

片手でのリバウンドは、両手に比べて高いところまで手が届きます。

そのため、敵や味方が入り混じった混戦で、「自分がリバウンドを取れる」という確約がない状況で行います。

片手リバウンドのコツ

片手リバウンドのコツは、ボールの引き寄せです。

例えば、右手でリバウンドのボールを掴んだ場合。

この時は、空中にいる間に左肩にボールを引き寄せます。

左手で取ったリバウンドなら右肩に。

この様にして、腕の逆側の肩にボールを持っていけば、リバウンドを競り合った相手からボールを引き離すことができるのです。

リバウンドの取り方!「弾(はじ)く」

リバウンドが自分ではなく、敵のポジションに落ちる時。

そんな時は、ボールを弾いてリバウンドを奪い取りましょう

指先でボールを弾き、何度かジャンプして弾いている間に、ボールを自分の方に引き寄せるのです。

弾いてパス!

またはボールを大きく弾き、味方のフリーの選手に空中でパスをするという方法もあります。

自分がディフェンスをしている場合。

味方のガードに弾いてやれば、すぐに速攻に移れます。

逆にオフェンスの場合。

フリーの選手にボールを弾いてやれば、そのままシュート!

得点のチャンスになるのです。

リバウンドの取り方!「予測」と「キープ」

「リバウンドが落ちる場所が、予測できるの!?」

バスケのリバウンドには、落ちる場所を予測するコツがあるんです。

「このシュートは、あの辺りに落ちるな・・・。」

と予測して、そこにポジションを取りましょう

そして、リバウンドがとれたら、ボールをしっかりとキープしましょう。

リバウンドを取った直後は、ボールを奪われやすいのです。

リバウンドの場所を予測しよう!

「それで・・・、リバウンドはどこに落ちるの?」

リバウンドが落ちる場所は、状況によって変化します。

その場所は、こちらです。

シュートを打った逆サイド

例えばゴールの右側からのシュート。

その場合のリバウンドボールは、左側に落ちやすくなります。

ゲーム後半はシュートを打った側にも多く落ちる

ゲームの後半は体の疲労のため、弱いシュートが多くなります。

そのため、シュートのボールがリングの手前に当たるのです。

リングの手前に当たったボールは、シュートした側に帰ってきます。

遠くからのシュートは遠くまではねる

「バックスピンが強いシュート」や「ループの高いシュート」はリングの近くに落ちる

バックスピンのボールがリングに当たると、その回転が手前側に戻る力になります。

すると、向こう側に進もうとするボールの推進力を打ち消して、ボールは真上に跳ねます。

また、ループの高いシュートは、横からではなく上からリングに当たります。

上から当たったボールは、リングの真上方向に跳ねるのです。

リバウンド後にもコツがある!

リバウンドが取れた時、そこで喜ばずにしっかりとキープする癖をつけましょう。

空中にいる間から、その勝負は始まっています。

まず、取ったボールを空中で自分の方に引き寄せましょう

そしてヒジを張り、敵がボールに近づきにくくします。

さらに着地後は、ボールを胸より上でキープしましょう。

ボールが下の方にあると、敵が手を出しやすく、簡単にスチールされてしまうのです。

リバウンドのコツ!「オフェンス編」

「オフェンスの時のリバウンドのコツって、あるの?」

オフェンスの時のリバウンドのコツ。

アウトサイドインサイドとに分けて紹介します。

アウトサイドからのリバウンド

まず、アウトサイドから飛び込むリバウンド。

これは、ランニングリバウンドで挑みましょう。

このランニングリバウンドのコツは、味方のシューターからアシストパスをもらう動きをすることです。

アシストパスをもらえるタイミングで、ゴールに向かって切り込んで行けば、相手チームは嫌がります。

シュートを防ぐアシストさせないという、2つの仕事が発生するからです。

味方のシュートが外れても、走った勢いを利用して高い位置でリバウンドを奪い取りましょう。

コートを見渡す

さらに、ランニングリバウンドには

視点が広く

コートを見渡しやすい、利点があります。

走りながら全体を見渡して、フリーの味方にボールを弾いてやればシュートチャンスに。

インサイドでのリバウンド

次は、インサイドでのオフェンスリバウンドです。

インサイドにいる場合、相手ディフェンスにスクリーンアウトされて、身動きが取れない場面が多くなります。

そんな状況を打開するコツがあります。

その方法は、自分の体を相手にくっ付けながら回転させるという技術です。

具体的に見てみましょう。

自分が右サイドにいる、という例です。

まず、自分をマークしている相手ディフェンスに自分の背中をくっ付けます

そして、「時計回りに回転するぞ!」と右にフェイクを入れてから逆回転

エンドラインが見える方向に体を回します。

ここで、自分の左足を相手の体の前に差し込みます。

さらに体を回転させて、自分がゴール方向を向くまでに、相手の体の前自分の体を入れ込んでしまいます。

こうしてディフェンスと体を入れ替えることに成功!

そのまま、逆にこちらが相手ををスクリーンアウトしてしまいましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.