バスケットボール

バスケのセンター!動き方はコチラ

投稿日:

「バスケのセンター、どんなふうに動けばいいの?」

バスケのゲーム中の、センターの動き方を解説していきます。

さっそく見ていきましょう。

  • パスの起点
  • ガードとの連携
  • パワーフォワードを生かす
  • リバウンド

という切り口で、センターの動き方についてお話します。

まずは、センターのパスの起点となる動き方です。

スポンサーリンク

バスケのセンターの動き方!「パスの起点」

バスケの試合でセンターは、パスワークの起点となる動き方をします。

センターが他のプレーヤーを生かし、得点に貢献するのです。

具体的に見てみましょう。

センターが「パスアウト」

「シュートチャンスを作ろう!」

インサイド(=ゴール近く)のセンターにボールが入った場面。

この状況は、相手チームにとっての脅威です。

ゴール近くでボールを持ったセンターの得点のチャンスだからです。

そのため、センターには周りのディフェンス達が寄ってきて、このチャンスを潰します。

すると、味方の選手のマークは緩くなりますね。

この時センターは、周りの状況を確認

フリーの選手にパスアウトすれば、シュートチャンスになるのです。

センターにもシュートチャンスが!

センターからのパスアウトでシュートが決まった場合。

ディフェンス側としては、アウトサイドの守備に力を入れる必要が出てきます。

同じ方法で続けて得点される訳にはいきませんからね。

そうなった場合、センターへのプレッシャーは緩くなります。

すると今度は、センターがシュートを決めるチャンスに恵まれるのです。

バスケのセンターの動き方!「ガードとの連携」

バスケのセンターの動き方。

今度は、ガードとの連携プレーです。

センターは身長の高さを。

ガードはスピードを生かします。

この両者の長所を活かしたスクリーンプレイでゴールネットを揺らしましょう。

ガードとセンターの「スクリーンプレイ」

スクリーンプレイでは、ディフェンスの進路をふさぐ技術を使います。

センターは、味方のガードについたディフェンスの進路を塞ぎます。

それでフリーになったガードがシュート!

その動き方を、順にを見てみましょう。

①始めの位置

センターは、ローポスト(制限区域の外側、エンドラインに近い部分)に。

ガードは、自分の定位置(センターサークルと3ポイントラインの間の位置)でボールを持ちます。

②作戦開始!

センターはハイポスト(フリースローライン付近)に移動し、ガードからパスを受ける。

③ガードが走る

ガードはハイポストのセンターの脇、スレスレに走り込む(左右どちらでもOK。)

④スクリーンプレー!

ガードはセンター脇を走り抜け、自分についたディフェンスを引き離します。

この時、センターから手渡しでボールを受け取ります。

センターの体をとして使う、スクリーンプレーです。

⑤シュート

フリーでボールを持ったガードがシュート!

レイアップシュートでも、ジャンプシュートでもOKです。

ガードからのリターンパス

ガードが、センターにリターンパスするのもアリです。

センターは、ゴール下でパワフルにシュート!

ディフェンスに対応する

このスクリーンプレーでは、ディフェンスの動きを想定しておく必要があります。

それは、センターとガードのディフェンスが入れ替わるという場合です。

スイッチと呼ばれるディフェンス方法ですね。

その場面では、センターはガードにボールを渡しません。

パスを出さずに1on1で勝負!

背の高いセンターに、背の低いガードがついているミスマッチを生かすのです。

ゴール近くでボールを持ったセンターは、ガードの上から楽にシュートが打てます。

バスケのセンターの動き方!「パワーフォワードを生かす」

バスケのセンターの動き方。

次は、パワーフォワードとのコンビネーションです。

ここでもスクリーンプレイが効果を発揮します。

一般的に、チームで一番背が高いのはセンター。

その次に背が高いのが、パワーフォワードです。

そのため、パワーフォワードもインサイトのプレーが求められるポジションです。

このインサイドの二人で、お互いを生かすスクリーンプレイをするのです。

センターの動き方!「ダウンスクリーン」

センターとパワーフォワード。

インサイドプレーヤー同士のスクリーンプレイの動き方です。

この動きは、ダウンスクリーンと呼ばれる技術です。

①始めの位置

まず、センターはハイポスト(フリースローライン近辺)に立ちます。

そしてパワーフォワード。

こちらは、ローポスト(制限区域の外側、エンドラインに近い部分)に入ります。

②ダウンスクリーン!

センターはハイポストからローポストへ向かいます。

そして、味方のパワーフォワードのディフェンスの前にとして立ちます。

ハイポストからローポストへ下りて(ダウンして)行って(スクリーン)を作る。

この技術は、ダウンスクリーンと呼ばれます。

③パワーフォワードは「ハイポスト」へ

パワーフォワードは、センターが作った(スクリーン)のすぐ脇をすり抜けて、ハイポストへと向かいます。

パワーフォワードについたディフェンスの道はふさがれていて、付いてこれません。

④シュート!

フリーになったパワーフォワードは、パスを受けてシュート!

この動き方は、ゾーンディフェンスの場合でも有効です。

ダウンスクリーンの動きは、センターとパワーフォワードが逆になっても有効です。

バスケのセンターの動き方!「リバウンド」

「リバウンドだっっ!!」

バスケのセンターの動き方、最後はリバウンドです。

リバウンドを取るのは、チームとしてとても重要です。

なぜなら、攻撃権(=得点するチャンス)を自分のチームが持てるからです。

このリバウンドを取るためには、強い気持ちに加えて、ボールが落ちる場所の予測した動きが重要です。

味方のプレイヤーを知る!

センターのリバウンドへの動き方のポイントは、ボールが落ちる場所の見極めです。

「どこに落ちる?」

味方のプレーヤーのシュート練習で、球拾いをしましょう。

球拾いの中で、味方選手の球筋を知り尽くしていきます。

選手によって軌道が低かったり、山なりのシュートだったりします。

球筋が違うのです。

また、「どこに落ちる?」という意識を持った玉拾いをすることで、「この角度からのシュートは、ここに落ちやすい」ということも分かってきます。

試合後半は「手前」に

また、試合の後半の傾向としては、リング手前側に当たってしまうシュートミスが増えてきます。

選手たちに疲れがでてくるからです。

すると、リバウンドのボールは必然的にリング手前側が多くなるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.