バスケットボール

バスケのフォワード!動き方はどうするの?

投稿日:

「バスケのフォワードって、2人もいるの?」

バスケのフォワードとは、1人のプレイヤーを差す言葉ではありません。

バスケのポジションには

  • スモールフォワード
  • パワーフォワード

という2つが存在するのです。

ここでは、これら2つのフォワードの動き方についてお話します。

まず、

スモールフォワード

の動き方は、ガードに近いものです。

アウトサイドのプレーが多く求められます。

そして、もう一方のパワーフォワード

こちらの動き方は、センタープレイヤーに近くなります。

インサイドのプレイヤーとしての役割です。

それでは、このフォワードたちの動き方をもう少し詳しく見ていきましょう。

まずは、スモールフォワードからです。

スポンサーリンク

バスケのフォワードの動き方!「スモールフォワード」

まず、スモールフォワードの位置は、ゴールからの角度が45度のあたりです。

スモールフォワードはズバリ、点取り屋

スモールフォワードの動き方には、常にゴールを狙う積極性が求められるのです。

スモールフォワード!点を取る「動き方」を

点取り屋=チームのエースになることが多い、スモールフォワード。

ぼんやりとした気持ちでパスを受けるのは、NG

シュートが打てる場所でボールをもらい、どんどん点を取りにいくのです。

点を取るために

点取り屋には、相手からのハードなマークが付き物です。

そんな時は、味方の選手の体を壁(スクリーン)として使い、自分をマークしているディフェンスを置き去りにしてしまいましょう。

フリーになったら、シュート圏内でパスをもらいます。

この動き方ができるスモールフォワードは、相手チームにとって、大きな脅威となるのです。

スモールフォワードの「シュート練習」

点取り屋の動きが求められるスモールフォワードは、シュートの練習をしっかりと行いましょう。

シュート力のアップによるメリットは、その場でシュートを決める事だけではありません。

シュート力があるスモールフォワードがボールを持った場合・・・。

相手ディフェンスは間合いを詰めて守らなければいけません。

間合いが短ければ、ディフェンスを抜きやすくなるのです。

スモールフォワードの動き方!「オールラウンダー」

バスケの試合で、スモールフォワードの動き方はオールラウンダーでもあります。

  • 速攻への参加
  • アウトサイドからシュート
  • インサイドへの切り込みからのシュートorアシストパス
  • インサイドでパスを受けてシュート
  • リバウンド

という様に、アウトサイドでもインサイドでも、オールラウンドに得点にからむ動きをするのです。

次の章では、パワーフォワードの動き方を解説します。

名前の通りパワーが必要なポジションです。

さらに、プレーへの情熱も持っていなければいけません。

バスケのフォワードの動き方!「パワーフォワード」

パワーフォワードの定位置は、基本的にインサイドです。

ミドルレンジから、パワーで押し込んで攻撃する強さが求められます。

パワーフォワードの「動き方」は情熱的に

インサイドでも当たり負けしない強い体が求められるパワーフォワード。

バスケの練習で必須の走り込みに加えて、筋力トレーニングも重要なポジションです。

情熱的なプレーを!

パワーフォワードには、体の強さと同じくらい

「勝ってやる!」

という情熱も求められるポジションです。

特にゴール下。

リバウンド合戦は、押し合い&へし合いです。

相手に負けない情熱がないと、リバウンドを奪うことはできません。

リバウンドに必要なコト

パワーフォワードは、センターと同じようにリバウンドでチームを支えます。

このリバウンドで大事になってくるのが、ブロックアウト

自分の体をとして、オフェンスが入って来られないようにブロックアウトしてしまいます。

すると、ジャンプしなくてもリバウンドが取れることも。

攻撃時の「リバウンド」奪取

自分のチームの攻撃時にも、リバウンドの強いインサイドプレーヤーは味方に安心感を与えます。

「シュートを外しても、リバウンドを奪い取ってくれる」

というリラックスしたシュートの場合、入る確率がアップするのです。

スモールフォワードとの協力

パワーフォワードとスモールフォワードは、協力して点を取りにいきましょう

ここで、ポイントとなるのがスクリーンです。

スクリーンとは、自分の体をとして使い、味方選手についたディフェンスの進行方向を遮る技術です。

点取り屋のスモールフォワードと、インサイドに強いパワーフォワードがスクリーンを掛け合い、どちらかの選手をフリーにして点数を取りに行きましょう。

左右どちらかのサイドで「2対2」

この時、チームとしてはフォワード同士の2対2ができる環境を作ってあげます。

例えば、フォワードの2人が右サイドで2対2を行う場合。

その時、他のプレイヤーは左サイドに逃げてあげるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.