バスケットボール

バスケのポジション!役割はどうなっているの?

投稿日:

「バスケのポジションって、どうなってるの?」

バスケでは、ポジションが基本的に3つに分かれています。

ポジション名は、

  • ガード
  • フォワード
  • センター

です。

この記事ではまず、3つのポジションの役割・身長について簡単に解説。

「でも・・・。」

「ポジションは5つあるって聞くよ!」

上記の3つのポジションは戦略上、さらに細かくなって5つになります。

コート上の5人、全員にポジション名がついているのです。

後半では、この5人のポジションの役割・定位置についてお話します。

スポンサーリンク

バスケのポジション!「役割」の基本と「身長」

バスケのポジションの、基本的な役割から見ていきましょう。

  • ガード
  • フォワード
  • センター

の役割です。

バスケのポジション!基本的な役割は?

バスケのポジション。

まず、ガードの役割は、ボール運びアウトサイド(ゴールに遠い地域)でのプレイ

アウトサイドからボール回しを主導します。

フォワードの役割

次に、フォワードの役割はアウトサイドインサイド(ゴールに近い場所)でのプレイ。

色々な場所での動きが求められるのです。

センターの役割

そして、最後のセンターはどっしりとインサイドで構える役割です。

センターはゴールに近いポジションですので、リバウンドを取る役割もあります。

ちなみにリバウンドとは、シュートが外れたボールをキャッチする(奪い取る)ことです。

バスケのポジションと「身長」

バスケ部に入ると、初心者の場合はとりあえず身長でポジションが決められます。

「身長の順」で決まることが多い

身長の低い順からガード・フォワードに。

そして、身長の高い人にはセンターのポジションが与えられます。

この決め方には理由があります。

それは、身長の高さが持つ資質が、そのままバスケのゲームで生きるからです。

「身長」が低い人の「資質」

まず、身長の低い人は機敏に動きやすい体型です。

そのため、コート上を活発に動く役割を担うガードというポジションが適任。

「身長」が高い人の「資質」

逆に身長が高いと、リバウンド(シュートのこぼれ玉)を取る役割のセンターが適任。

また、ゴール下でのシュートは背が高いほうがブロックされにくくて有利です。

「フォワード」はオールマイティー

そして身長が中ぐらいのプレーヤー、フォワードボール運びを手伝ったり、リバウンドにも積極的に参加します。

バスケのポジション!「役割」は5人全員にある

「コート上の5人、みんなに違った役割があるの?」

前半でお話した、バスケの3つのポジションはさらに細分化されます。

ガードポイントガードシューティングガードに。

そしてフォワードスモールガードパワーフォワードに分かれます。

そのポジションの番号は、

  • 1番→ポイントガード PG
  • 2番→シューティングガード SG
  • 3番→スモールフォワード SF
  • 4番→パワーフォワード PF
  • 5番→センター C

と呼ばれます。

では、それぞれのポジションの役割を見てみましょう。

ポイントガード(PG)の役割

バスケの5つのポジションにはチームのため、違った役割がありました。

まず、ポイントガードの定位置は、センターサークルから少しゴールに進んだ位置です。

この位置は、コート上のプレーヤーがひと目で見渡せる場所です。

役割は「戦略を示す」

ポイントガードの役割はチームメイトに戦略を示すことです。

「相手は疲れている!」

「速攻で一気に攻めればいい時間帯だ!」

という感じで鼓舞し、チームを導きます。

「ポイント」=「得点」?

ポイントガードのポイントとは、点数を決めるではありません。

ポイント示す戦略の示すコート上の監督なのです。

シューティングガード(SG)の役割

シューティングガードの定位置は、スリーポイントラインの少し外側です。

真ん中にいるポイントガードに対して、シューティングガードは斜めの位置にいます。

ゴールから左右45°の角度の場所が、定位置です。

役割は「点取り屋」

このシューティングガードというポジションの基本的な役割は、点取り屋です。

アウトサイドでフリーになれば3ポイント

相手ディフェンスがピッタリとくっついてくれば・・・。

ドリブルで抜き去って、シュート!

スモールガード(SF)の役割

スモールガードの定位置は、シューティングガードの向かい側です。

ゴールに向かって斜め45°の位置で、ポイントガードと向かい合うのです。

役割は「オールマイティ」

スモールフォワードには、オールマイティにチームを支える、という役割があります。

ガードの2人が行うボール運びボール回しも手伝いますし、スリーポイントシュートミドルシュートだって打ちます。

加えて、インサイドのプレイにも積極的に参加し、リバウンドも取りにいくのです。

パワーフォワード(PF)の役割

パワーフォワードの定位置は、制限区域の少し外側です。

バスケの「制限区域」とは、オフェンス側が3秒以上滞在してはいけない場所。ゴール近辺の長方形の区域です。

このパワーフォワードの役割は、インサイドを中心としたプレイです。

そのため、相手に当たり負けしない強い体が必要です。

パワーフォワードはリバウンドに入る役割はもちろん、ミドルシュートも打ちます。

味方プレイヤーのディフェンスの進路をブロックして、味方プレイヤーをゴール近くでフリーにするという仕事もあります。

センター(C)の役割

センターの定位置は、ゴールに近い場所です。

チームの中心に、ドスンと構えます。

センターの役割は、ゴール下で奮闘するのがメイン。

リバウンドを死守!

チームの大黒柱と言えます。

センターはインサイドでボールをもらい、攻撃の起点の役割も担います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-バスケットボール

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.