雑学

鳩はなぜ首を振る? じつは他の鳥も振っていた!

投稿日:

は歩く時、首を前後に振りますよね。

鳩以外の鳥も、歩く時に首を前後に振っているのでしょうか?

そうなんです!

他にも首を前後に振って歩く鳥がいたのです!

  • 鳩以外に首を振る鳥は?
  • 何で首を振って歩くの?

でお話ししていきます。

スポンサーリンク

鳩以外に首を振る鳥は?

私たちがよく見かける、首を前後に振る鳥といえばです。

公園などでよく見かけますよね。

じつは鳩以外にも首を前後に動かしながら歩く鳥がいるんですよ!

キジ目

キジ目の中で私たちがよく知っている鳥はニワトリ

そうです!ニワトリも歩く時、前後に首を振っているのです。

続いて孔雀

孔雀を見る時、美しい羽を広げるところに目がいってしまいますよね。

孔雀を見る機会が何度かあった方も、歩いている場面はなかなか記憶に残っていないのではないでしょうか。

長めの首を振りながら優雅に歩きます。

ムクドリ科

群れで飛んでいる姿や、電線や木にとまっているのは見かけます。

なかなか地面を歩いている場面には出会うことが少ない鳥ですが、前後に首を振り歩きます。

セキレイ類

静岡県の三島市や、広島などで神の鳥と呼ばれているそうです。

小さな鳥で、かなりのスピードで歩きますが、ゆっくり歩いている時に見てみると、首を前後に振っています。

道端でバッタリ遭遇したら観察してみましょう。

サギ類

水辺で生息しているサギ。

長い首を振りながら歩きます。

カラス

家を出たら、数分後には出会える確率があるカラス。

両足を揃えてピョンピョンとスズメのように歩くことも多いですが、ゆっくり歩いている時には首を振ります。

何で首を振って歩くの?

鳩の他にも、首を前後に振りながら歩く鳥が、結構いることがわかりました。

では、なんで首を前後に振るのでしょう?

私たち人間は、目が顔の正面に並んでいます。

物を見る時、両目を動かしピントを合わせます。

一方、首を前後に振る鳥は、顔の左右に目があります。

視野は広いのですが、両目で物を見ることが難しいのです。

片目で物を見ると距離感がわからないですよね。

近くのエサを探す時などにピントを合わせることができません。

それで!

首を前後に振ることにより、ピントが合わせやすくなり近くのものが見られるようになるのです。

首を振るといえば、鳩。

というイメージでしたが、カラスやニワトリなどの身近な鳥も振っていたんですね。

ちなみに・・・暗闇では、もともと見えづらい状態なので、首は前後に振らないそうですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-雑学

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.