サッカー

サッカーのトラップのコツ!基本からしっかり解説します

投稿日:

サッカーのトラップのコツを、考え方からお話していきます。

サッカーのトラップのコツは、トラップの目的を知ることから始まります。

そして、グラウンダー(足元)のボールにも、浮き玉にも対応できるように練習していきましょう。

それでは、早速みていきましょう!

  • サッカーのトラップのコツ!まずは目的を知ろう
  • トラップの種類とコツ(グラウンダー編)
  • トラップの種類とコツ(浮き球編)

という順に進んでいきます。

スポンサーリンク

サッカーのトラップのコツ!まずは目的を知ろう

サッカーのトラップのコツ、まずはトラップそのものの目的からお話します。

サッカーでトラップする時は、トラップ後の動きにスムーズに移れるように練習することが大事です。

サッカーのトラップ!目的は?

サッカーのトラップの目的は、動いているボールを止める、ということではありません。

目的は次のプレーのための準備です。

自分に来たパスやルーズボールを、シュートやパスしやすいようにコントロールするのです。

「どうやったら自分が有利な状態にできる?」

「どうやったら速いプレーにつながる?」

そんな風に考えながら練習をするのがトラップ上達のコツです。

◆トラップ上達のコツ!具体例です

トラップした後の動きの具体例をあげてみます。

例えば、トラップ後に右足でのシュートを狙っていたら・・・。

右側にボールを止めましょう

キックがしやすいように、右斜め前がベストです。

これでシュートが速く打てますね。

例をもう一つ。

ディフェンスが近くに寄ってきてる場面では、ディフェンスの逆側に。

これで、ボールを失うリスクを減らすことができますね。

サッカーの試合では、ディフェンスに対応することが大事です。

トラップのコツ!体の正面でトラップを

トラップにかかる時間を、できるだけ短縮するように練習していきましょう。

ワンタッチでトラップする技術を上達させるのです。

その分、相手の先手を打ってプレーすることができて、チャンスを作り出しやすくなります。

このようなトラップをするコツは、体とボールの位置関係にありました。

◆体の正面でトラップ!

トラップは、体の正面でボールを受けましょう

すると、ボールコントロールに安定感が生まれます。

逆に、足を伸ばしてトラップしようとすると、ボディバランスが崩れてしまいます。

自分の重心から離れすぎた位置でボールをトラップしても、自分の懐(ふところ)にボールが収まりきらないのです。

ボールを失う危険が大きいですし、次のプレーに遅れがでてしまいます。

◆トラップを積極的に!

正面で正確にトラップができたら、次は積極的なトラップにチャレンジです。

ボールを取られないようにしつつ、トラップを相手を抜く手段としても考るのです。

大きく前にトラップして、寄ってきたディフェンスを抜き去ってしまいましょう。

トラップの種類とコツ(グラウンダー編)

この章から、サッカーのトラップのコツを、種類ごとに見ていきましょう。

まずは、足元に転がってくるグラウンダーのボールに対応するコツです。

  • インサイドトラップ(足の内側)のコツ
  • アウトサイドトラップ(足の外側)のコツ
  • 足の裏トラップのコツ

という3種類を知って練習に役立てましょう。

インサイドトラップのコツ

インサイドトラップでは、ボールを足首の内側を使って受けます。

足首の内側のでボールを受けるイメージを持ちましょう。

サッカーで一番多く使われていて、トラップの基礎といっても良いでしょう。

このインサイドトラップのコツは、ボールを受ける足をクッションのように使うことです。

足を引きながらトラップすることで、ボールを弾かないようにしましょう。

また、軸足のヒザを曲げることでも、体全体をつかった柔らかいトラップになります。

◆インサイドトラップで相手を抜こう!

インサイドトラップで相手を抜く技術があります。

そのコツは、ボールを受ける足の面を進行方向に向けることです。

もいっしょに、進む方向に向けましょう。

そうしたら、インサイドトラップしながらボールを進行方向に押し出します。

相手がボールを取りに向かって来ていたらチャンスです!

カウンター気味に抜き去ってしまいましょう。

このトラップ技術は、次で説明するアウトサイドトラップのコツにもつながってきます。

アウトサイドトラップのコツ

アウトサイドトラップでは、ボールを受ける面として足首の外側を使います。

このアウトサイドトラップ、ボールを斜め前に押し出すのがコツです。

例えば軸足が右足で、左足でボールをトラップする場合。

左足のヒザから下をやわらかく使ってボールをトラップしながら・・・。

ボールを斜め左前に押し出します。

どうして押し出すのでしょうか?

じつは!

ボールを押し出すことで、トラップをドリブルの一歩目にすることが可能になるのです。

相手ディフェンスを抜き去ることもできるトラップですね。

◆アウトサイドトラップでボールを弾かないコツ

アウトサイドトラップではボールを押し出す分、ボールを弾きがちです。

そんなふうにボールを弾かないように、ボールを受ける足首を伸ばしましょう

足首を下に向かって伸ばして固定するのです。

足の裏が地面にべったりとくっついたままだと、

  • ボールを弾く
  • ボールが足の上をそのまま転がる

という事にもなりかねません。

足の裏トラップのコツ

グラウンダーのボールのトラップ、最後は足の裏でのコツです。

これは、サッカー初心者でもボールコントロールしやすいトラップです。

足の裏でのトラップは、ボールを止めた後でボールを前に押し出します

ボールコントロールは足の指先ではありません。

足の指の根元あたりを使いましょう。

◆つま先を上げよう

このトラップのコツは、ボールを受ける足のつま先を十分に上げることです。

つま先を上げることでボールを受ける壁をつくるのです。

ボールを上から押さえつけるようなトラップだとボールを正確に捕らえることができません。

ボールを押さえきれず、ボールを後ろに転がしてしまうことも。

トラップの種類とコツ(浮き球編)

サッカーでトラップを行うのは足元だけではありません。

グラウンダーのボール以外のトラップ技術も磨いていきましょう。

それは、浮き球をトラップする技術、4種類です。

体全体をトラップする場所として生かしましょう

それでは、

  • インステップトラップのコツ
  • ももでトラップのコツ
  • 胸トラップのコツ
  • 頭でトラップするコツ

という順番で見ていくことにしましょう。

インステップトラップのコツ

サッカーの試合で、腰のあたりに落ちてきたボール

このような浮き球では、インステップトラップで足元にトラップします。

インステップトラップは、足の甲でボールを受ける技術です。

◆足の甲に乗せる

インステップトラップのコツは、ボールを足の甲に乗せるイメージです。

浮き球が腰の高さに向かって(落ちて)きたら、トラップする足をボールに向かって上げます。

足先でボールに触れ、勢いを吸収しながらボールを足の甲にのせていきます。

この時、足にボールが触れた瞬間ボールとともに足を引きます

足にボールが乗った感じになればOKです。

ももでトラップするコツ

ヒザよりも上のボールを、ももでトラップするコツです。

ももでのトラップのコツは、ももの柔らかい部分でボールを受けることです。

これをヒザに近い場所でトラップしようとすると、ボールを遠くまで弾いてしまいます。

サッカーのゲームで、自分の意図しない方向に飛んだボールは、相手チームに渡ってしまいますね。

また、足の付け根で受けてしまったボールは、自分の体に向かって飛んできてしまいます。

この場合もボールの扱いが大変ですので注意しましょう。

◆足を引いてトラップ!

ももでのトラップのコツは、他にもあります。

ボールが当たるタイミングで、足を引きながらトラップするのです。

このコツは、ボールの勢いが強い時に有効です。

足を上げてボールを迎えにいき、軸足のクッションも使ってボールの勢いを吸収しましょう。

胸トラップのコツ

胸トラップでは、両ヒザを曲げてボールを受けるクッションにします。

ヒザが伸びていると、ボールを弾きやすくなってしまうのです。

◆胸の筋肉でトラップしよう

胸トラップのコツは、左右どちらかの胸の筋肉でボールを受けることです。

胸の真ん中には筋肉はなく、骨があります。

骨で受けようとしても、ボールは弾んでしまうのです。

筋肉でボールの勢いを吸収しましょう

◆トラップしてシュート!

サッカーの試合では、素早いシュートが得点につながりますね。

胸トラップしながらシュート体勢に入るコツがあります。

ヒザを曲げながらボールを迎え入れたら・・・。

大きくのけ反り、胸の筋肉でボールを真上に浮かせます。

落ちてきたボールをバウンドさせず、そのままシュート!

相手ディフェンスがよってくる前にシュートを放つことができるのです。

頭でトラップするコツ

最後に紹介するトラップのコツは、頭でのトラップです。

頭でトラップを行う時のコツは、ヒザを大きく曲げクッションにするということです。

トラップに使う場所はおでこの上部です。

「おでこにボールを乗せよう」という気持ちでトラップすると、良いでしょう。

ヒザが伸びていたり、頭のてっぺんでトラップしたら、ボールはどこに飛ぶか分からないので注意です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-サッカー

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.