健康 食べ物

キムチ納豆!効果はどうなっているの?

投稿日:

「納豆が、キムチをサポートするの!?」

そうなんです。

納豆とキムチは別々に食べても、とっても健康効果の高い食べ物。

しかも、この両者は相性の良い食べ物でした。

納豆キムチを一緒に食べることで、その健康効果が倍増するのです。

じつは、納豆がキムチの効果をさらにアップさせていたのです。

さっそく、その内容を見ていきたいと思います。

  • キムチ納豆!健康効果は?
  • キムチ納豆と「腸内環境」

という順でお話します。

スポンサーリンク

キムチ納豆!健康効果は?

キムチ納豆は、キムチ+納豆という最強コンビで、私たちの体の腸内環境を改善する健康効果をもっていました。

腸内環境が悪いと、

下痢・便秘・免疫力の低下・肌荒れ

といった状態に陥ります。

キムチ納豆は、そんなストレスのかかる状態から救ってくれるのです。

納豆でキムチがパワーアップ!

「納豆がキムチの力を引き出すの?」

「それって、どういうこと?」

キムチには乳酸菌が、そして納豆には納豆菌が大量に含まれています。

キムチ1グラム中には乳酸菌が8億個

納豆1グラム中には納豆菌が10億個

納豆1パックが40g程度ですから、納豆菌は400億個!の計算になります。

大変な数ですね。

納豆菌が乳酸菌を増やす!

実は、納豆菌はキムチなどの乳酸菌を増やすという素晴らしい効果を持っています。

実験によると、納豆菌と乳酸菌を共存させることで、乳酸菌の増え方が10倍もアップするという結果がでています。

ベストパートナー!

キムチにとって、納豆がベストパートナーでした。

この強力になったキムチの乳酸菌パワーと、納豆菌のパワーとが手を取り合います。

このコンビが、腸内環境を最高のものに導いていたのです。

キムチ納豆と「腸内環境」

私たちの腸内には、善玉菌悪玉菌が存在しています。

一般に、悪玉菌は体の中の悪者のように思われていますが、そうではありません。

悪玉菌も腸内に一定量存在することで、私たちの体が健康を保たれているのです。

キムチ納豆が「悪玉菌」を抑える

ただし、体中で悪玉菌が優勢になると、健康が損なわれます

そのため、私たちは善玉菌が優勢になるように導いてあげる必要があります。

そこで登場する助っ人が、キムチ納豆

納豆によって最強になったキムチの乳酸菌と、納豆菌とが手を取り合い、余分な悪玉菌の勢力を抑えてくれるのです。

納豆菌の「生命力」

余談ですが、納豆菌は生命力が強い菌です。

なんと、納豆菌は100度の熱湯がかかっても生き延びます。

逆に、マイナス100度の極寒の地でも大丈夫なのです。

食生活と「悪玉菌」

私たち日本人は近年、肉を多く食べるようになりました。

魚中心の日本食から、肉中心の食生活に変化したのです。

食生活の変化は、腸内環境にも変化を起こしました。

腸内が、悪玉菌優勢になり易くなったのです。

そこに加えて野菜を取らないといった事や、ストレス社会と呼ばれる人間関係が私たちの体の悪玉菌を増やす要因にもなっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康, 食べ物

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.