健康

更年期ホットフラッシュ!対策をしてイキイキしよう

投稿日:2018年5月26日 更新日:

更年期に起こりやすいホットフラッシュを対策して元気になりましょう。

女性の更年期に起こりやすいホットフラッシュ。

「更年期だから仕方ない・・・」

なんて、がまんするのはやめましょう。

ホットフラッシュだって対策をすれば、笑顔で毎日を過ごせるようになります。

それでは、毎日イキイキと過ごすため、更年期のホットフラッシュの対策をしていきましょう。

スポンサーリンク

更年期のホットフラッシュとは

まずは、ホットフラッシュについてお話します。

女性の更年期に起こりやすいホットフラッシュとは、普段通り生活をしている時、前触れもなく突然頭に血がのぼった状態になり、顔が紅潮し汗を大量にかいてしまいす。

症状として

  • 顔のほてり
  • のぼせ
  • 発汗

などが起こります。

ホットフラッシュになる原因は

更年期に起こるホットフラッシュは、自律神経の乱れが原因で現れる症状です。

自律神経とは、血管の収縮や拡張をコントロールしています。

しかし更年期になると、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少してしまうことで自律神経に乱れが生じてしまいます。

その結果、顔のほてりのぼせ発汗などが起きるのです。

更年期のホットフラッシュを対策しよう

ホットフラッシュが起こる原因は、更年期による女性ホルモンの減少から起きる自律神経の乱れでした。

ということは!

ホットフラッシュの対策は、女性ホルモンのエストロゲンを補充して自律神経を整えることです。

女性ホルモンエストロゲンを補充しよう

ホットフラッシュになりにくくするために、エストロゲンを補充します。

病院で処方してもらう

婦人科や更年期を診察してくれる病院へ行き、ホットフラッシュの症状を話しましょう。

自分に合った薬を処方してもらえ、短時間で効果が表れます。

なんでも相談できる主治医を見つけられれば、更年期を快適に過ごせるようになります。

漢方薬をのむ

漢方薬にも、ホットフラッシュに有効なものがあります。

漢方薬を処方している病院や漢方薬局で、自分に合ったものを処方してもらいましょう。

サプリメントをのむ

植物性エストロゲンといわれるイソフラボン

女性ホルモンのエストロゲンを補ってくれます。

イソフラボンは大豆に含まれています。

サプリメントをのむ他にも、豆腐や豆乳を食べるように心掛けましょう。

日常生活でできる対策

薬やサプリメント、漢方薬をのむだけではなく、日々の暮らしの中でもイキイキとできるように対策をしていきましょう。

睡眠をしっかりととり、ストレス発散しましょう。

ウォーキングジョギングなどで体を動かすのも有効です。

ホットフラッシュの症状がでた時の対策

突然なってしまうホットフラッシュ。

薬などで改善されても「いつなってしまうんだろう」という不安はありますよね。

いつホットフラッシュが起きても大丈夫なように、しっかりと対策をしましょう。

準備万端にしておけば、気持ちが少し楽になり、ストレスも減ります。

カバンに汗ふきシートウェットティッシュを入れて持ち歩きましょう。

いざという時、首筋を冷やしたり、汗を拭きとったりできます。

扇子を携帯しておくのも、おすすめです。

まとめ

今回は、更年期によるホットフラッシュの対策をご紹介しました。

更年期の症状は、人によって様々です。

専門医などに相談し、自分で症状をきちっと理解することで、対策が見えてきます。

「更年期だから辛くてもしょうがない」なんて考えずに、対策をして快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-健康

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.