動物園・動物

アリクイ!種類はどうなってるの?

投稿日:2018年5月5日 更新日:

南アメリカを中心に生息し、群れやペアを作らずに単独行動をするアリクイ

アリクイという名前の通り、食事のほとんどがアリシロアリです。

このアリクイには歯が全くなく口もあまり開きません

・・・そんな口で、どうやって食事をするのでしょうか。

まずアリクイは、前足の大きな爪でアリの巣を壊します。

そして、細くて長~い舌を、アリの巣の中に入れてしまいます。

舌にはネバネバした液がついていて、巣の中のアリを舐めとるのです。

「そのアリクイって、どんな種類がいるの?」

そんなアリクイという動物は、さらに3種類に別れています。

まず、小さなサイズで可愛らしいヒメアリクイ

中くらいの大きさのコアリクイ

そして、大柄なオオアリクイです。

ここからは、アリクイのそれぞれの種類を、

  • アリクイの種類①ヒメアリクイ
  • アリクイの種類②コアリクイ
  • アリクイの種類③オオアリクイ

という順で追っていきます。

スポンサーリンク

アリクイの種類①ヒメアリクイ

「小さくて、かわいいね。」

アリクイの1種類目はヒメアリクイです。

ヒメアリクイは、森林の木の上で生活する、小さなアリクイです。

体の大きさは、人間の手のひらサイズ。

20cmくらいの大きさで、体重は200g前後です。

ヒメアリクイの暮らし

ヒメアリクイの20cmの体には、同じ20cm程度のしっぽがついています。

このしっぽを木の枝に巻きつけ、体を安定させています。

ヒメアリクイは巣を作らず、木の葉やつるの中で丸くなって体を休めます。

しかし、出産の時だけは別です。

木にできた空洞の中に枯葉をあつめ、出産用の巣を作るのです。

敵が来たら

ヒメアリクイは敵に襲われた時に顔を隠すような仕草をします。

泣きじゃくる様にして、前足で顔を隠すのです。

ヒメアリクイの食事

ヒメアリクイは、木に作られたアリの巣を壊してアリを食べます。

ヒメアリクイが行動するのは夜。

樹木の空洞にアリ巣を見つけると、前足ので木の皮を剥ぎます。

そして、細長い舌で中にいるアリを舐めとるのです。

アリクイの種類②コアリクイ

アリクイの種類、次はコアリクイです。

コアリクイは体長50cmから80cm。

しっぽの長さは50cmくらいで、体重は3kgから8kgになります。

コアリクイの暮らし

「いろんな環境でもOKなんだね!」

コアリクイは様々な環境に生息しています。

熱帯雨林にも、逆に乾いたサバンナにも適応しているのです。

さらに、コアリクイは木の上でも陸上でも生活が可能で、昼夜を問わず活動します。

ところが睡眠時間は長く、1日の半分以上を寝て過ごします。

子供が生まれると、背中に乗せて移動します。

コアリクイの食事

コアリクイの食事では、筋力の強い前足と、その前足のを生かします。

前足と爪のパワーで腐った木を破壊

中にいるアリを食べるのです。

また、コアリクイは昆虫の巣を破壊して食べたり、蜂を食べることもあるようです。

ちなみに、コアリクイはしっぽを器用に使って物をつかむ事が可能です。

アリクイの種類③オオアリクイ

アリクイの種類の中で、一番大柄なオオアリクイ

体長は1mのものから、最大では2mにまで達します。

体重も30kg前後と重く、アリクイの中では唯一、木の上に登りません。

オオアリクイの暮らし

「大きいのに、小さなアリが主食なんだね。」

体の大きなオオアリクイ。

それでも主食は、小さなアリシロアリです。

大きな体なのに、小さなアリを食べているなんて、なんだか不思議です。

実際は、体の維持のために1日およそ3万匹ものアリを食べています。

食事は1分!

オオアリクイは、一つのアリの巣での食事を1分程度で終わらせます。

それは、自分の縄張りの餌を食べ尽くさないという配慮からきています。

1分間の食事を終えると、オオアリクイは次のアリの巣を求めて歩き出します。

オオアリクイの食事

オオアリクイは、まず前足の爪でアリの巣に穴を開けます。

そして、60cmもの長~い舌をアリの巣に侵入。

たくさんのアリを舐めとってしまいます。

スピード王!

ビックリなのが、舌を出し入れするスピードです。

なんと、1分間に150回の速さの出し入れが可能なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-動物園・動物

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.