言葉 雑学

「たんかん」と「みかん」!違いや食べ方は?

投稿日:

「桶柑って、なに?」

「ふ~ん、みかんに似た果物なんだね。」

たんかんの形は、まん丸に近いような果実です。

このたんかんポンカンネーブルオレンジの交配と考えられる果実です。

みかんに似ています。

原産地は中国の広東省。

日本には、台湾を経由して明治時代に入ってきました。

実際に日本で作られ始めたのは、昭和になった頃です。

たんかんは漢字では桶柑と表記されます。

さっそく、このたんかん

  • 「たんかん」と「みかん」の違いは?
  • 「たんかん」の食べ方!
  • 「たんかん」の産地はどこ?

といった話題などで迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

「たんかん」と「みかん」の違いは?

「たんかんって、ゴツゴツ?」

たんかん(桶柑)とみかんとの違いを見ていきましょう。

まずは、表面から。

「たんかん」と「みかん」表面の違い

たんかんみかんの違いです。

それは、たんかんの表面がちょっとゴツゴツしている、ということです。

たんかんは、ポンカンの子供だからですね。

ぽんかんも表面が少しボコボコしている果物です。

たんかんの「斑点」

たんかんは台風の多い土地で育ちます。

たんかん表面は風に吹かれた枝に擦られてしまいます。

そのため、たんかんには黒い斑点がついていたり、ちょっとのスリ傷があったり。

それでも中身には全然問題なく、ジューシーな果実です。

大きさの違いは?

たんかんの大きさは、販売されている物では1つ150g位になります。

実際の産地では、大きさは結構まちまちで、粒が大きいものも珍しくないようです。

この150gという重さ、みかんと比較してみましょう。

みかんの場合、150gという重さは、Lサイズに分別される大きさです。

Sサイズは80g、Mで120g、2Lサイズになると180g程度になります。

たんかんの栄養

たんかんはとっても甘い果物で、酸味は少なめ。

柑橘類の中でも、相当甘い部類に入ります。

たんかんの栄養としては、柑橘類のなかでもビタミンCが豊富

このビタミンCがみかんの2倍くらい入っているのです。

そのため、たんかんを1個食べれば1日に必要な分のビタミンCが採れます。

また、たんかんには疲労回復の手助けになってくれるクエン酸も豊富です。

「たんかん」の食べ方!

「たんかんの皮、剥きにくいかも・・・。」

たんかんの食べ方です。

たんかんは、皮が薄くてて硬め。

ぽんかんとオレンジの子供ですからね。

そのため、皮を剥くのがちょっと大変です。

「たんかん」の食べ方!「手で剥かない」

たんかんの食べ方です。

たんかんは、外皮を手で剥くこともできますが・・・。

皮が薄くて硬いので、ちょっと大変。

カットする

手で皮を剥くのが難しいな、と感じたら。

果物ナイフでオレンジのように8分割or4分割カットでOKです。

小さなたんかんは皮が薄い

たんかんはみかんと同じで、小ぶりなものほど皮が薄いです。

逆に、サイズが大きくなると皮が厚くなってきます。

そのため、小ぶりなものほどナイフでカットするのがおすすめです。

「たんかん」の食べ方!「半分に割る」

たんかんの食べ方で、半分に割るという方法があります。

まず、たんかんを外皮ごと半分にしてしまいましょう。

お尻の部分にちょっと穴を開けて、左右にパカッと2つに割ることができるのです。

そこからさらに4分割にしてもOK。

外皮と実の部分の間にスライスするように指を入れて、皮をむけば結構簡単に皮が剥けます。

「たんかん」の産地はどこ?

「たんかんの産地って、どこ?」

たんかんの生産地はどこなのでしょうか。

たんかんは台湾で作られる

世界的に見ると、たんかんのメインの産地は台湾です。

生産量は日本の10倍にも至ります。

日本でのたんかん生産は、台湾に近い沖縄や鹿児島で生産されています。

南国のフルーツですね。

収穫期は1月から始まり、最盛期は2月中旬~3月。

たんかんの生産in日本

日本でのたんかんの生産量は、1位が鹿児島県で9割弱。

残りの約1割が沖縄県で2位。

マンゴーで有名な宮崎県でも、多少の生産があって3位となっています。

鹿児島のたんかん

鹿児島県の屋久島では、たんかんが無人の売り場に一袋で100円ぐらいで置いているそうです。

屋久島の250km南にある奄美にも、たんかんの畑がたくさん!

ちなみに、奄美の約280km南には沖縄県の那覇市があります。

南国の力強い太陽を浴びて育ったたんかんは、みずみずしい甘さです。

「たんかん」の別名は「蜜桶柑」

このたんかんには桶柑という漢字が使われます。

蜜桶柑という別名もあるんですよ。

「蜜桶柑」の由来

蜜桶柑という別名を持つたんかん。

この蜜桶柑という文字の由来は、蜜が入った桶から来ているんですよ。

みかん全体を表す言葉です。

の一文字だけでもみかんという読み方がされています。

ポンカンを親に持つたんかん

ポンカンはかつて、中国で密柑という別名を持ってました。

この密柑が影響を与えた蜜桶柑かもしれません。

バナナみたいだ!「蕉柑」

また、中国ではたんかんの甘さを「バナナみたい」と例えられます。

このバナナは、甘蕉香蕉という漢字です。

そのため、中国ではたんかん蕉柑という字で表しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-言葉, 雑学

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.