自然

上昇気流とは!「でき方」はどうなってる?

投稿日:

「上昇気流とは?」

上昇気流とは、どんなでき方をする物なのでしょうか。

そんな疑問を解決していこうと思います。

この記事ではまず、上昇気流について、大まかな意味をお話しします。

そこから、具体的にどんどん見ていきましょう。

スポンサーリンク

「上昇気流」のでき方

「上昇気流って、どうなってるの?」

上昇気流のでき方は、大きく4つに分けることができます。

その原因をチェックしてみましょう。

上昇気流のでき方!原因は4つ!

この上昇気流のでき方で、原因は1つではありません。

上昇気流のでき方、大きく分けて4つあるのです。

上昇気流のでき方は、

  • 山が原因
  • 低気圧が原因
  • 高気圧が原因
  • 暖気の上昇

という4つがあるのです。

この4つは、次の章で具体的に見ていきます。

その前に、上昇気流とは?をザックリとお話します。

上昇気流とは?

上昇気流とは空気が上昇する流れのことです。

空気の流れといえばですが、風は水平方向だけではありません。

そうです!

風は上下にも吹いているんですね。

上昇気流とは、上方向に吹いている風という事なのです。

上昇気流が天気を変える!

上昇気流によって、天気は大きく変わります。

上昇気流によって上空に運ばれた空気は冷え、冷えた空気のなかの水分は水滴に。

その水滴がになり、雲は雨や雪を降らせるのです。

「上昇気流」のでき方!「山が原因」

上昇気流のでき方、まず1つ目です。

それは、山が原因の上昇気流です。

この上昇気流のでき方では、風の進路に山があることが原因です。

山に吹いてきた風は、山の斜面を登っていきますね。

それが、そのまま上昇気流なのです。

この上昇気流によって起こる天気現象で一番有名なのが・・・。

冬の日本海側の大雪です。

日本海側は、世界でも指折りの豪雪地帯なんです。

山の上昇気流と豪雪

日本の北西にはシベリアの高気圧があり、この高気圧は冬になると勢力を拡大。

日本に風を吹き付けてきます。

風は、気圧が高い所から外に向かって吹きますからね。

日本海で「水分補給」

大陸の乾いた空気は、日本海で水分をたくさん拾います。

日本に上陸したこの風がそのまま山の斜面を登ると・・・。

上昇気流で上空に向かう間に空気は冷やされます

冷えた空気は水分を雪として吐き出すのです。

これは、氷の入ったグラスに水滴が付くのと同じ原理です。

「上昇気流」のでき方!「低気圧が原因」

上昇気流のでき方として、低気圧も原因のひとつに挙げられます。

気圧の低い場所は空気の密度が低く、周りの空気がどんどん入ってきます。

低気圧の中では、中心に行くほど気圧が低くなっています。

外からどんどん入ってきた空気は行き場を失い、上昇気流となって上昇。

上に登った空気は、上空で噴水のように周りに吹き出すのです。

台風にも上昇気流が!

風が入ってくるのは、台風も同じです。

台風の場合でも、気圧の低い中心に向かって空気が吸い込まれていくと・・・。

中心部分で上昇気流を起こすのです。

グルグル上昇気流

ただ、台風の場合は台風自身が高速で回転しています。

そのため、周りの空気も台風の強い回転の中に吸い込まれていきます。

台風の中心部分の上昇気流も、グルグルと回転しながら上昇しているのです。

「上昇気流」のでき方!「高気圧が原因」

上昇気流のでき方には、上でお話しした低気圧と逆のものがありました。

それは、高気圧です。

じつは、高気圧同士がぶつかり合う時にも、上昇気流が生まれるのです。

暖かい高気圧冷たい高気圧

この両者がぶつかった時に上昇気流が起きるのです。

「水と油」のような高気圧!?

暖かい高気圧冷たい高気圧は、水と油のように混ざることを拒みます。

すると、比重の軽い暖かい高気圧の空気が上昇気流を作り、上に登っていくのです。

乗り上げる「上昇気流」

暖かい高気圧冷たい高気圧の方に攻め込んで行った時。

そのとき、暖かい空気は冷たい空気の上にスライドしながら乗り上げていきます

持ち上げられる「上昇気流」

逆に、冷たい高気圧暖かい高気圧にぶつかって行った場合。

冷たい高気圧暖かい高気圧下に潜り込む状態になります。

すると、暖かい高気圧は真上に持ち上げるような形になるのです。

「上昇気流」のでき方!「暖気の上昇」

上昇気流のでき方の原因。

最後の4つ目は、暖かい空気(暖気)と冷たい空気(寒気)が入れ替わるパターンです。

軽い暖気が、重い寒気の下にあると・・・。

軽い暖気は上昇気流となり、上空まで登っていくのです。

この場合の上昇気流は2パターンあります。

「暖まった空気」が上昇気流に!

まず、太陽に暖められた地表海面の空気が上昇気流となるパターンです。

晴れた日の太陽で、暖められた空気。

この空気は自然に上昇気流を作ります。

この上昇気流で出来上がる雲が積乱雲です。

入道雲雷雲とも呼ばれ、どしゃ降りを起こす雲です。

上昇気流で下から水分が供給される積乱雲。

積乱雲はその水分で「上空に向かって」成長していくのです。

「寒気」が上昇気流を呼ぶ!

もう一つは、上空に寒気がやってきた時に起こります。

この時、地表近くが暖かい軽い空気に、上空が冷たく重い空気になってしまいます。

やはり、この場面でも重い空気は下に、軽い空気は上に行こうとします。

上昇気流の発生です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-自然

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.