漢字辞典 言葉

楝の読み方と意味!「楝」を分解したら面白かった!

投稿日:

「楝という字、読み方は?」

でできた漢字、

このという漢字の読み方は、

音読みがレン

訓読みがおうち

となります。

ここでは、このという漢字の読み方と意味成り立ちをサクサク解説していきます。

  • 「楝」の読み方と意味は?
  • 「楝」は「センダン」の古名だった!
  • 「楝」を分解してみよう!

という順でチェックです!

スポンサーリンク

「楝」の読み方と意味は?

の読み方は、レンおうちでした。

このの意味は、センダンという樹木の別名です。

「楝」の意味は「センダン」

が意味するセンダンは、10mほどの木です。

日本では四国~九州、沖縄。

海外では中国、台湾、ヒマラヤに分布しています。

センダンの木の根や幹の皮には、弱い香りがあります。

この香りを虫が嫌うため、かつては虫の駆除に使われました。

さらに、センダンの果実はひびやあかぎれの薬となります。

センダンの実には、上の画像のように、枝にたくさん実っています。

その様子が、千個の団子のようだという事からセンダンという名称が生まれたのだとか。

「楝」は「センダン」の古名だった!

センダンの古名です。

古い時代、センダンおうちと呼ばれ、の字があてられていたのです。

「おうち」は「淡い藤」

の読み方、おうち淡い藤が語源です。

おうちの花は、という木の花と比較されました。

淡い色の藤あふちに、そしておうちへと変化したのです。

は、本州~九州の山野に自生する樹木。

美しい花が私たちの目を楽しませてくれます。

下の画像が藤の花です。

きれいなお花ですね。

続いて、淡い藤と評されたおうち(楝)です。

藤の花に比べ、おうち(楝)のほうが淡い色という感じがします。

「楝」を分解してみよう!

がくっついた漢字、

この漢字を分解してみましょう。

に分かれますね。

さらに!

の部分はに分けることができるのです。

これらのパーツには、それぞれ意味が込められていました。

「楝」は邪気よけの木

の実は、伝説の鳥鳳凰(ほうおう)が食べたと言われています。

また、薬の材料となるには、

「邪気を寄せ付けない」

というイメージがありました。

そんな背景から、には

「良いものと邪気を見分ける」

という評価がつきました。

「八」=「分別」

もう一度、を分割してみましょう。

でした。

このなかで、二つに分ける分別を意味します。

良いものと悪いものが混じったが分別するのです。

こうして、邪気を避けてくれる木を表すという漢字が出来上がりました。

合わせて読みたい漢字辞典

椿

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-漢字辞典, 言葉

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.