漢字辞典 言葉

木+章の漢字「樟」!読み方や意味を一発チェック

投稿日:

「木と章の漢字・・・。読み方は?」

でできている漢字、

このという字は、

音読みがショウ

訓読みがくす・くすのき

という読み方になります。

ここでは、樟のという漢字の意味や成り立ちについて、サクサク見ていこうと思います。

  • 木+章の漢字!「樟」の意味は?
  • 「樟(クスノキ)」はこんな木

という順でチェックです。

スポンサーリンク

木+章の漢字!「樟」の意味は?

の漢字、

読み方はショウ・くす・くすのきでした。

このの意味は、樹木のクスノキです。

木+章で「クスノキ」

は、クスノキ科クスノキという木です。

クスノキは暖かい地方に生える木です。

日本では、東海地方以南に自生。

海外では中国~ベトナムという地域に生えています。

「樟」を分解してみる!

で、ですね。

このクスノキを表すまでの流れを見てみましょう。

まず、クスノキ木目が美しい木です。

それが、の部分で表現されています。

「章」を分解!

実は、という文字の中にという字を入れ込んだもの。

上から順に

立・曰・十

という感じですね。

分解した部品の意味

分解した部品の意味を見てみます。

「辛」は「刃物」

まず、という字は刃物を表します。

象形文字で見ると、はこうなります。

刃物で木材を切っているのかも、という形です。

「曰」は「木目の形」

そして、を使って木目の形を表現。

という字の形が木目をイメージさせます。

「章」は「美しい木目」

この様にして、

となり、

美しい木目

ということに辿り着きました。

あとは、左側にをくっ付ければ(クスノキ)という漢字の完成です。

「樟(クスノキ)」はこんな木

クスノキの木材には、強い特徴があります。

それは、香りが強いということです。

「クスノキ」の語源

クスノキの語源は、奇しの木です。

奇しとは?

奇し(くし)という言葉には、不思議という意味があります。

奇しくもという使い方がされます。

そのため、不思議なくらい香る木奇しの木クスノキと言葉が変化したのです。

「クスノキ」の効果

クスノキの香りは、いい匂いです。

人間が好むこの香り、虫にとっては嫌なにおい。

そのため、クスノキの材木には虫除け効果があるんですよ。

虫が寄り付かない上に、私たちの気分はリラックス。

とっても嬉しい材木です。

そのため、クスノキの木材は箪笥(たんす)を中心とした家具になるのです。

衣服を虫から守れますからね。

「クスノキ」は大きい!

このクスノキは背が高く、太~い樹木です。

鹿児島県にあるくすのきの巨木は高さ30mで、幹をメジャーで1周すると・・・。

なんと24m!

樹齢は1,500年と推定されています。

今から1,500年前、というと聖徳太子が生まれる少し前。

古墳時代後期という時代に生まれたクスノキなのです。

日本では、という漢字も同じクスノキを指す漢字です。

中国でのは、楠木(ナンムー)という樹木に使われる漢字です。

詳しくはコチラの記事をどうぞ。

木+南の漢字「楠」!読み方や意味を一発チェック

合わせて読みたい漢字辞典

椿

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-漢字辞典, 言葉

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.