城・歴史

天守閣とはどこの部分?ズバリこちらです!

投稿日:

「天守閣って耳にするけど・・・。」

「じっさい、天守閣とはどこの部分かイマイチわからない。」

そうですよね。

そこで、この記事では

  • 天守閣とはどこ?答えはこちら!
  • 天守閣とはどんな役目のもの?
  • 天守閣のはじまり

という順番で疑問を1つずつ解決していこうと思います。

スポンサーリンク

天守閣とはどこ?答えはこちら!

天守閣とはどこの部分のことをいうのでしょうか。

まずはじめに、

天守閣=お城ではありません

天守閣とは、城のなかにある一つの建物の名称です。

お城を構成する敷地の中の、一番高い建物が天守閣です。

お城というスペースのなかに、天守閣が威風堂々とそびえ立っているのです。

写真で見てみましょう。

丸亀城全体を写した写真のなかで、一番高い場所にあるのが丸亀城の天守閣です。

天守閣とは、赤いラインで囲われた部分なのです。

もう一枚いきます。

下の写真は、

「松本城の写真の中に天守閣などが写っている」

というものです。

松本城のお堀の外から、天守閣(赤いライン)で小天守(白いライン)と一緒に写っています。

これで、「天守閣とはどこの部分?」という疑問は解決しました!

・・・ここで、新たな疑問が。

「天守閣とは、お城でど役目なの?」

というものです。

その答えを、次の章で見ていきたいと思います。

天守閣とはどんな役目のもの?

立派にそびえ立つ天守閣。

お城の中で、この天守閣が果たす役目とは一体どんなことなのでしょうか。

じつは、天守閣はお城のシンボルとしての役目を担っていました。

天守閣とは、城主の権威を世の中に示すための象徴的建物なのです。

城主の力はその国(領土)の強さでもありました。

「我が国の天守閣は、天下一品だ!」

「旅人よ。うちの天守閣はすごいだろう。」

そんなふうに、武士や領民の誇りとなるものでもあったのです。

天守閣を目立させる!

シンボルとしての天守閣です。

そのため天守閣は、できるだけ目立つように、高い所に建てられました。

高い所に石垣を積み、その上に高層建築物である天守閣を鎮座させるのです。

実際に石垣を積み上げるのは、大変な作業です。

石切り場から大きな石を切り出し、運搬し、そして石垣として積み上げる。

石を運ぶための専用の船が作られたくらいです。

そんな大変なことを可能にする城主の力は圧倒的で、絶対です。

天守閣の軍事的な役割とは?

天守閣とはお城のシンボルとなる建築物ですが、軍事的な側面も持っていました。

天守閣は物見櫓(やぐら)としての意味がありました。

敵兵が攻めてきた時の状況を把握するなど、城下を見渡すことができるのです。

ところが、城を攻める側からすれば逆に攻撃をする目印になります。

大砲で狙われてしまうマイナス要素も。

それでも城主は天守閣をお城に作りました。

天守閣は敵に一番攻め込まれにくい場所に建てられました。

城に攻め入られた場合、最後に籠城する場所としても考えられ、天守閣を武装していったのです。

熊本城の天守閣は籠城の時の非常食用に、食べられる畳をしいていたとか。

こちらは、高知城の天守閣の「石落とし」です。

ここから石はもちろん、何でも投下します。

城主は天守閣に住んだの?

この天守閣に城主が住むことはありませんでした

高層階を昇り降りするエレベーターもない時代です。

城主は城の中の御殿など、平屋に住んで政治を行っていたのです。

たった一度だけしか天守閣に登ったことがない城主もいたようです。

もちろん、江戸時代の将軍も天守閣に住んでいません。

大奥だって天守閣にはありません。

江戸時代の天守閣は、シンボルの役割の他は、貯蔵庫としても機能していました。

ところが、たった一人だけ天守閣に住んだ武将がいます。

それは、織田信長です。

信長は、きらびやかに仕上げた天守閣内部に住んだのです。

天守閣のはじまり

天守閣はいつの時代から存在するのでしょうか?

私たちが知るような本格的な天守閣を初めて作ったのは・・・。

先に登場した、織田信長です。

ほぼ天下を統一していた信長。

信長は、そんな自分の権力を世に知らしめる必要がありました。

そこで築いたのが安土城です。

安土城の天守閣は現存しませんが、その存在感は大変なものでした。

日本の建築史に、突如としてそれまでに類を見ない高層建築が出現したのです。

標高196mの安土山の頂に建てられた天守閣。

時は戦国、1579年のことです。

安土城の天守閣の高さは32.5mにも及びました。

初の天守閣は国内外で大絶賛!

安土城を訪れた宣教師によって、

「日本には、ヨーロッパの最高の城に負けず劣らずの素晴らしい城がある!」

と、ローマ法王に報告されたほどの出来栄えでした。

・・・・・・・

外側は分厚い壁で防備され、内部は上から下まで金ずくめ!

一般人にも見学を可能とした安土城。

お正月にごった返した人々の重みで石垣が崩れてしまったほどです。

天守閣は「天主」から始まった

信長は、天守閣のことを天主と呼びました。

自分が天高い場所から世の中を見下ろす主君である、そんな意味かもしれません。

この天主、同じ「てんしゅ」という読み方で、

  • 殿主
  • 殿守
  • 天守

という字が使われるように混在して使われるようになりました。

どの字も権力を印象付ける表現ですね。

◆天守閣という呼び名が登場!

天守閣という言葉は、江戸時代の終わりごろに登場します。

天守閣という言葉が使われ始めたのは、名所図会(めいしょずえ)という本からなのです。

この本はタイトル通り、諸国の名所をイラスト入りで紹介したものです。

旅行のガイドブックと言えるでしょう。

そして現在は天守閣という言葉が一般化しています。

という字には、立派な人が住む御殿という意味があります。

そのため、私たちには「お殿様は天守閣で暮らしている」というイメージがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-城・歴史

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.