漢字辞典 言葉

木+己の漢字を使った「杞憂」!意味や由縁は?

投稿日:2017年12月16日 更新日:

「杞憂ってどんな意味?」

をプラスした漢字、

このの読み方はがメインです。

という漢字が一番多く使われるのは、

杞憂(きゆう)

という言葉かもしれません。

そこで、ここでは杞憂の意味や由縁を

  • 木+己の「杞」を使った「杞憂」
  • 「杞憂」を生んだ「杞」という国

という切り口で見ていこうと思います。

スポンサーリンク

木+己の「杞」を使った「杞憂」

の左脇にをつけた漢字の

この読み方で、の場合の代表例が杞憂(きゆう)です。

杞憂とは取り越し苦労を意味する言葉です。

杞憂という言葉は、

の国の人のい(うれい)

という成り立ちです。

「杞憂」の由縁

昔々、あるところに杞という国がありました。

杞の国に暮らす1人には心配事(憂い)がありました。

「地面がひっくり返ったら、どうしよう・・・。」

その国では、「地面は柱で支えられている」と考えられていました。

不安定なイメージですね。

その地面に、「天(空)が落ちてきたら大変だ!」と心配したのです。

地面を支える柱が折れてしまいそうです。

その者は、夜も眠れなかったそうです。

そんな事を考えても仕方がありません。

取り越し苦労です。

それが「杞の国の人の憂い(うれい)」「杞憂(きゆう)」です。

「杞憂」を生んだ「杞」という国

という漢字で表される国がありました。

それは紀元前の中国にあった小さな国です。

遠い昔の小さな国であったため、資料も少ないのですが

紀元前445年まで存在していた

という事は分かっているようです。

このという国の首都は、さまざまな土地に引っ越しています。

現在の河南省や山東省のなかを、周辺国のプレッシャーから逃れるように転々としているのです。

弱小国の住民の思いは、たった1人だけのものではない気がします。

国全体としての漠然とした不安感が

の国の人のい(うれい)」

としての杞憂を生んだのではないでしょうか。

合わせて読みたい漢字辞典

椿

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-漢字辞典, 言葉

Copyright© うきうきExpress , 2018 AllRights Reserved.