漢字辞典 言葉

木+土の漢字の読み方!語源も探ってみた!

投稿日:

「杜って、何て読むの?」

を組み合わせたという漢字。

読み方がよく分かりませんね。

さっそく、そのの読み方を。

という漢字は、

もり

という読み方が代表的です。

実はこのという漢字、

「渋~い梨」

ということが語源になっているのです。

スポンサーリンク

木+土という漢字

というパーツでできた漢字、

読み方はもりの他にも、

やまなし

と、いうものがあります。

ここで、語源に迫ってみましょう。

木と土で「杜」!それは渋かった

まず、杜という漢字は、

「中国北部に自生する梨」

を表す言葉として生まれました。

山に自生する梨なので、

やまなし

という読み方ができたのです。

「やまなし」を食べたら

この自生している梨。

ぜんぜん美味しくありません。

この梨を食べた人は、

「渋い!」

「吐き出したいよ!」

となってしまいました。

「杜」の成り立ち

この渋い梨を食べたの様子が、

という漢字で表わされました。

まず、梨の実は木になっています。

それで、左側にをはめ込みました。

そして、右側にはを。

このという漢字は、

「土を盛り上げた形」

を文字にしたものなんですよ。

象形文字で見てみましょう。

この形は、土で作った塚を表しています。

そして、の右側のは、

土→下から盛り上がる→胃からこみ上げる→吐き気

ということを表現しています。

の左側は

右側は吐き気。

つまり、とは

「木に実った、吐きたい果物」

という漢字なのです。

次の章では、日本独自

の解釈についてお話します。

「杜」が日本にやってきた!

は、日本にやってくると、

神社の森

という、違う意味を持つようになりました。

それは、一体どうしてなのでしょうか。

漢字の伝来と「杜」

漢字は、大陸から日本に3世紀ごろ伝わってきた、と言われています。

弥生時代が終わる頃の話です。

そのころ、日本では既にが食べられていました。

中国の自生梨(やまなし)とは違う梨です。

そのため、自分たちには馴染みのない中国の梨とは違う意味をに持たせたと考えられます。

日本独自の「杜」が誕生!

に持たせた日本独自の意味

それは、

神社の森

という概念です。

ここで再び登場するのが

という漢字の成り立ち(語源)です。

信仰された「土」

じつは、信仰の対象でした。

大地の神様だったのです。

は、私たち人間に様々なものを与えてくれます。

土の上で暮らし、土で育った植物の実を食べますね。

そのため、恵みのある土(大地)を神様として崇めるように。

「杜」は「神社の森」に

神様としての

そのと一緒になっているという漢字。

日本では、そんな背景から

神様の木々神社の森

という意味を持つようになりました。

土に感謝!

を表す象形文字で、下のようなものがあります。

この象形文字は、

「土の塚にお神酒をかける様子」

を表しているんですよ。

お神酒をかけることで、

感謝の気持ち

を伝えています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-漢字辞典, 言葉

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.