漢字辞典 言葉

林+鹿の漢字の読み方は?似た漢字もチェック!

投稿日:

「麓って漢字、どんな読み方なの?」

答えはこちらです。

「林」+「鹿」の「麓」は・・・

ふもと

ロク

という読み方の漢字です。

ここでは、この意味や語源を解説します

そのなかで、関連する

などの漢字も紹介!

スポンサーリンク

林+鹿という漢字

鹿という文字を合わせたという漢字。

読み方は、ふもとでした。

まず、この漢字の意味から見ていきましょう。

林と鹿でできた漢字!どんな意味?

このという漢字の意味は、山の裾(すそ)を表します。

  • 麓(ふもと)
  • 山麓(さんろく)
  • 山裾(やますそ)

という漢字は、同じ意味で使われます。

また、には

山林を守る人

という意味もあるんですよ。

「ふもと」と読む漢字

ふもとという読み方の漢字には、

もあります。

この字はと同じで、山の裾を表しています。

下の方にある林山のふもと

と、いうことですね。

林と鹿でできた漢字!語源は?

のつくりは、木が並んでいるの下に鹿が付いていますね。

という漢字は、

林の中に鹿がいる場所

が語源になっています。

山の裾野(すその)に広がる森林に、鹿が住んでいるイメージです。

ちなみに、鹿という漢字の下の部分、

は、鹿の足を表しているんですよ。

峰や山腹

と逆の山の頂上を意味するのは・・・。

山のみね(峰・峯・嶺)です。

山の中間は、山の中腹山腹です。

次の章では、に似た漢字を紹介します。

普段あまり見かけないような、

という様な字もあります。

「麓」に似た漢字

に似た漢字で、

という漢字を紹介します。

「麓」に似ている「塵」

まず、鹿を使った漢字で、です。

の読み方は、

  • ちり
  • ジン

塵も積もれば山となるというように使いますね。

この漢字のもとは、

鹿の群れが移動する時、土を巻き上げる

というものです。

という漢字の上に鹿があって、土ぼこりが巻き上げられる様子を表しています。

砂が巻き上げられれば、砂塵(さじん)といいますね。

「麓」に似ている「麗」

他にも、鹿という漢字を使った興味深い漢字があります。

それは、という文字です。

この漢字の使い方で多く見られる例で、

華麗(かれい)

という表現がありますね。

または麗しい(うるわしい)など、華やかで美しいものに使われます。

「麗」の成り立ち

このという漢字は、

二本の美しい角(つの)を持った鹿

から来ているんですよ。

鹿の頭の上に立派な角が二本ならぶ、ということです。

「麗」の読み方アレコレ

  • なら(ぶ)
  • つら(なる)

とも読まれます。

の成り立ちの、

角が二本並んでいる

ということからです。

「麓」に似ている「驪」と「儷」

上で紹介したようにという漢字には、

並ぶ

という意味があります。

そのため、がくっつくと、

馬が並んでいる様子

を表わします。

という漢字です。

「驪」の読み方

の読み方は、

  • レイ
  • なら(べる)
  • くろ(い)
  • くろうま

となり、黒い馬という意味もあります。

「美しい黒い毛並みの馬」という感じでしょうか。

「儷」という漢字

さらに、の左側にがつくと、

という漢字に。

この漢字、夫婦仲間を意味します。

仲良く並んでいる様子が浮かびます。

読み方は、

  • レイ
  • つれあい
  • なら(ぶ)

です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-漢字辞典, 言葉

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.