自然

日本の四季!その特徴はこちらです

投稿日:

「日本の四季には、どんな特徴があるの?」

日本の四季の特徴を見ていきたいと思います。

日本の国土の面積は大きくありませんね。

しかし、日本には地域によって違った四季の特徴が見られます。

この日本の四季。

地理的な条件を知ると全体像が見えてきます。

それでは、

  • 日本の四季の特徴!その全体像は?
  • 日本の四季と海流

という順に見てきましょう。

スポンサーリンク

日本の四季の特徴!その全体像は?

日本の四季の特徴を、地理的な要因から探っていきます。

日本は南北に長く、各地の気候が異なります。

加えて、日本列島には背骨のような山脈がありますね。

そのため、日本海側と太平洋側では四季の気候が大きく異なります。

たとえば日本の冬の特徴。

太平洋側には、からっ風が吹きます。

逆の日本海側は、世界的に見ても指折りの豪雪地帯に。

日本の四季に影響するもの

「日本の四季に影響するものは?」

日本の四季の移り変わりは、周辺の地形に大きく影響されています。

日本には、大陸と海から大きな空気の塊がやって来るのです。

日本の四季!「大陸」と「海」からの影響

日本の西にはユーラシア大陸が。

東には広大な太平洋があります。

日本は、世界で一番大きな大陸と海に挟まれているのです。

この大きな陸地や海の上には、それぞれ特徴的な大きな空気の塊ができます。

この空気の塊は気団と呼ばれ、暖かかったり冷たかったりします。

陸地でできる気団は乾いています。

反対に、海の気団は湿っています。

日本の四季に関わる「気団」

日本の冬。

この季節には北西からシベリア気団がやってきます。

とても冷たく乾いた空気の塊です。

春と秋には、中国南部から揚子江気団がやってきます。

この気団は、暖かく乾燥している空気を日本に送り込んできます。

そして梅雨の時期は、北東の方面からオホーツク海気団が南下してきます。

冷帯の冷たく湿った空気です。

四季が夏になると・・・。

南東方面から暖かく湿った風を小笠原気団が日本に持ち込みます。

このため、日本列島は高温でムシムシとした暑い夏に。

日本の四季と海流

日本の四季には、

「海流にも影響されている」

という特徴もあります。

太平洋側の海流

日本の太平洋側は湿気が多いという特徴があります。

この理由のひとつには、黒潮が日本の沿岸を通る、ということが挙げられます。

黒潮の上空は、世界的にも有数の水蒸気の蒸発する場所となっています。

それは、黒潮が大規模な暖流であり、黒潮の上の空気が暖められているため。

日本海側の海流

そして日本海側にも対馬海流という暖流があります。

シベリアからの風は、乾いたものです。

この風が日本海を通過する時に、暖流から蒸発する水蒸気をもらいます。

すると、水分をたっぷりと含んだ雲のできあがり。

そして、日本海側の地域の上空に積乱雲を形成し、を大量に降らせるのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-自然

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.