城・歴史 雑学

日本家屋の特徴!それは気候に対応したもの

投稿日:

「古民家に住みたいな・・・。」

最近、そんな方が増えています。

ゆったりとした佇まいの古民家。

日本家屋には落ち着きがありますね。

森林の多い国、日本。

そのため、木材を使った家屋が進化してきました。

日本の住宅は、昭和30年代までは日本家屋が主流でした。

その日本家屋の特徴とは、どんなものなのでしょうか。

日本家屋に木材が使われてきたのは、日本が湿度の多い気候の国ということも関係していました。

それでは、日本家屋の特徴を、

日本家屋の特徴!気候を木材でカバー

  • 日本家屋の特徴!骨格はどうなっているの?
  • 日本家屋の特徴!屋根と壁はこうなっている
  • 日本家屋の特徴!建物の内側は?

日本家屋の変化

  • 日本家屋と現代家屋
  • 日本家屋のアパートとは

という順でお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

日本家屋の特徴!気候を木材でカバー

日本家屋の特徴は、湿度管理した住宅です。

日本は湿気が多い気候の国ですからね。

この湿気に対応するため、豊かな森林資源の木材を使って日本家屋は作られていきました。

住宅に木材を使うメリットは、木材が屋内の空間の湿度を調整してくれることです。

湿度が多い日本の気候を、木材の持つ特性でしのいだのです。

また、日本の石は硬いものが多く加工が大変です。

火山が多い日本では、マグマが固まった硬い石が多いのです。

これも木材建築が主流になった要因と思われます。

日本家屋の特徴!骨格はどうなっているの?

日本家屋の特徴を、骨格部分から見ていきましょう。

まず、木材を使って柱や梁(はり)を組んでいきます。

地震の多い国、日本。

家屋の骨組みを補強するために、筋交い(すじかい)をななめに入れるんです。

石が木材を守る!

このように、木材で骨格を作る日本家屋。

この日本家屋の土台となる、基礎部分には石が使われています。

土の地面の上に木材の家をそのまま建てても、安定しません。

加えて、土の中の水分は木材を腐らせてしまうのです。

そのため、日本家屋の柱の下にはそれぞれ石が据えられています

日本家屋の特徴!屋根と壁はこうなっている

日本家屋の特徴、屋根についてです。

日本家屋は建物の骨格ができると、最初に作ってしまう部分があります。

どこだと思いますか?

それは、屋根なんです。

雨が多い気候の日本。

そして、雨に弱い木材。

屋根を始めに作ってしまうことで雨を凌ぎ、木材を守るのです。

かやぶき屋根の断熱性

換気を良くするために、屋根には茅葺(かやぶき)が多く使われました。

ススキなどを使ってできる、かやぶき屋根。

冬は暖かく夏は涼しいんです。

世界的にも多く見られるかやぶきの屋根は、換気性も優れていています。

しかも!

断熱性にも優れ、雨も通しにくいのです。

軒が日本家屋を守る!

木材を守るという配慮は住宅が完成してからもあります。

それが、(のき)という部分。

日本の家屋 屋根の一番はじの部分は、と呼ばれています。

軒は家の外側に飛び出す形になっていますね。

どうしてなのでしょうか。

それは、雨水が家の中まで入ってこない様にするためです。

また、この軒には日差しを避ける目的もあるんですよ。

日陰があれば、板張りの縁側で涼むにはもってこいですね。

土の壁の効果

日本家屋では、土の壁が多く使われています。

土塀には防水と防火の効果があります。

さらに!

じめじめした湿気を吸い取ってくれる効果もあるんです。

湿度が多い気候の日本の家屋をフォローですね。

日本家屋の特徴!建物の内側は?

日本家屋の特徴を、建物の内側でチェックしていきましょう。

住宅の庭に面する部分を板張りにして、くつろげるスペース、縁側(えんがわ)。

この縁側から日本家屋のなかに入っていくと、そこにはが。

畳の効果はこちら

日本家屋の床はになっていますね。

畳の表面はイグサ、中は(わら)でできています。

この畳、湿度を吸収してくれるんです。

加えて、畳には音も吸収してくれる効果もあるんですよ。

座敷奥の床の間

畳が敷かれたくつろげるスペースは座敷と呼ばれますね。

この座敷の一部分を少し奥に引っ込ませた部分は床の間と呼ばれます。

床の間には掛け軸をかけたり、壺などの工芸品を置いたりして暮らしにゆとりを持たせます。

「欄間(らんま)」とは

天井の下には、欄間がついています。

欄間とは何か?

欄間とは、下の画像の黄色で囲まれた部分です。

この欄間も風を通し、換気を良くします。

また、欄間は家の中が暗くなりすぎないように光を通すことにも一役買っています。

襖(ふすま)の役割

部屋の中で開け閉めするのは、です。

この襖にも、風通しを調整する役目があります。

それは、そのまま室内温度の調整する機能と言えますね。

宴会をする時などは、襖を外して大人数で集まったりできます。

障子(しょうじ)の柔らかな光

この襖よりも薄いものが障子になります。

やんちゃな子供が、障子に貼られた和紙に穴を開けてしまうことがありますね。

この障子。

襖と同じように開閉することで風を通して室温の調整ができます。

また、和紙が貼ってある分光を通すんですね。

外から柔らかな光を取り入れたい部分に用います。

日本家屋の変化

古くからあった日本家屋は、高度成長時代の頃から現代家屋へと住宅の主役を譲っていきます。

日本家屋と現代家屋

日本家屋現代家屋の違いを少し見みましょう。

軒の役割をになう建築

屋根のはじを伸ばしてできた(のき)。

日本家屋では、軒は建物の木材を雨から守る役割を持っていました。

その軒。

現代の家屋では、短くなってきています。

その理由は、壁面には防水シート、建物を支える基礎部分にはコンクリートが使われるようになったからです。

家屋が雨に強くなってきたからですね。

現代家屋の断熱性

日本家屋では、襖(ふすま)の開閉かやぶき屋根の保温性などで快適な室内温度を作ってきました

それが、現在の家では2枚の窓ガラスで屋内の温度を保ち、壁には断熱材を入れたりしています。

家屋の密閉性を高めている分、換気扇も取り付けられるようになりました。

バリアフリー

最近の家では、高齢者や子供に優しい家作りがされています。

バリアフリーの安心家屋です。

  • 段差が無い
  • 手すりがある
  • ゆったりとしたトイレ

といった配慮があると、体も楽ですし、気持ちに安心感も生まれます。

日本家屋のアパートとは

現在の日本の集合住宅は、アパートだったりマンションだったりします。

たくさんの人が入居できるように、どんどん高層のものが建築されていきました。

長屋はアパート

昔の日本にも、アパートにあたる住居がありました。

それは、長屋(ながや)です。

江戸時代の長屋は平屋作り。

間取りはコンパクトで、収納スペースはほとんどありませんでした。

上の画像は、新潟県の新発田市に残る足軽(歩兵の武士)長屋です。

国の重要文化財なんですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-城・歴史, 雑学

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.