言葉

挨拶とは何か?その意味や目的はこんなこと!

投稿日:

「挨拶はなぜするの?」

挨拶はいろいろなものがあります。

「ありがとう」

「おはよう」

「こんにちは」

「いただきます」

等々・・・。

ここでは、挨拶の意味目的を見ていきたいと思います。

それでは早速

  • 挨拶とは何か?その意味は
  • 挨拶の目的は世界も一緒!
  • 挨拶の意味と語源

という順番でお話させていただきます。

スポンサーリンク

挨拶とは何か?その意味は

挨拶とは何か、どんな意味のあることなのか。

挨拶が持つ意味は、相手に

  • 親しみがある!
  • 結びつきを維持したい

という気持ちを伝えることです。

相手が大事なら、挨拶の時の表情が大事です。

笑顔の挨拶で相手に気分よくなってもらいましょう。

無表情の挨拶は、相手に対する甘えだと思います。

「この人は私の理解者だから大丈夫。」

そんなことはありません。

冷たい挨拶を日常的に繰り返していると、相手にストレスを積み重ねていくことに。

「おはよう!」

「今日もよろしくね!」

そんな元気な挨拶を心がけましょう。

元気な挨拶は相手に対する思いやりであり、それが挨拶の大切さだと思います。

立ち居振る舞い、体の動きも挨拶のうちです。

顔を動かしたり、手を上げたりしながらの挨拶で相手の気分アップです。

ところが、挨拶をしっかり行っても、その後の行動が伴っていなければ意味がありません。

挨拶が逆効果になることも。

それを次の項で見てみましょう。

挨拶とは「意思表示」

挨拶とは、相手に対する意思表示でもあります。

挨拶をしたら、その挨拶通りの行動を心がけたいものです。

相手が気分よく過ごせるための行動です。

例えば「いただきます(頂戴します)」と、相手から何かもらった時。

その時、もらった分以上の頑張りで相手に喜んでもらいたい(お返ししたい)のです。

また「いただきます」は、食事する時にも使いますね。

まず、食事を調理してくれた人に感謝です。

そして、自然から食べ物をいただくので、自然を大切に。

挨拶は「尊敬」や「感謝」

挨拶は、家族や友達、仕事仲間、クラスメイトや先生などに尊敬感謝の気持ちを表します。

例えば、フィリピンの人たちが目上の人にする挨拶。

目上の人の手を取って、自分の額につけるのです。

これは、目上の人に対し、敬いの気持ちを意味しています。

この挨拶をしたら、普段から目上の人の役に立つ行動が必要ですね。

挨拶の目的は世界も一緒!

挨拶とは、どこの国でも相手との関係をより良くするという目的を持っています。

「私とあなたは仲間!」

そんな意思を、お互いに表現しているのです。

最近、日本の野球の世界でよく見られるようになった挨拶。

拳と拳をグーにして、「ちょこん」と合わせる挨拶です。

これは、もともとジャマイカの人々が行なっていた挨拶なんですよ。

拳合わせることで、友情と団結を表現しています。

この挨拶をしたら、自分のチームのために団結し、骨を折りたいものです。

世界の挨拶

世界の国にはそれぞれ、色々な挨拶の方法があります。

やはり、その目的は相手との関係を大事にすることです。

ヨーロッパ系の人々は、互いのほっぺたをくっつけて抱き合います。

インドやネパール、タイでは、両手を合わせて挨拶します。

鼻と鼻をくっつける挨拶をする国もあるんですよ。

それはマオリの人々の挨拶です。

ニュージーランドに元々住んでいる人達ですね。

珍しい「お辞儀」

日本に昔からある、お辞儀で頭を下げるという挨拶の方法。

この日本の挨拶、世界では結構珍しいんですね。

海外に出て行った日本人のスポーツ選手がお辞儀をするパフォーマンスを行うのはそのためです。

挨拶の意味と語源

挨拶言葉のそれぞれの意味は、その語源を探ると分かります。

例えば「ただいま」は、「ただ今帰りました」を意味します。

他の挨拶の意味も見ていきましょう。

おはよう

「お早い出発ですね」というのが語源で、「おはよう」に変化してきました。

「お出かけ、お早うございますね!」という意味です。

こんにちは

「こんにちは」は、今日(こんにち)は、良い日になりそうですね!」という意味です。

相手がうまくいくことを願う、それを表現する言葉が語源。

ありがとう(有難う)

「ありがとう(有り難う)」「有り難し(がたし)」が語源。

「滅多にないラッキーな事(有難い事)があなたからもらえた!」

と言う感謝の気持ちを表します。

いただきます

「いただきます」は、目上の人から物をもらう時の挨拶からきています。

目上の人を見上げながらもらうイメージです。

いただき頂きで、山の頂きというように高い場所を意味します。

目上の人は、高い場所に位置しますからね。

また、食べ物を食べる時も「いただきます」と言いますね。

これは、大自然を崇める気持ちにつながっています。

大地の恵みをいただくことを、「いただきます」という挨拶で感謝しているのです。

他にも色々な種類の挨拶がありますね。

どんどん使っていきたいと思います。

「おめでとうございます」

「いらっしゃいませ」

「ごめんなさい」

「初めまして」

などなど。

そんな挨拶でコミュニケーションを円滑にしていきたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-言葉

Copyright© うきうきExpress , 2017 AllRights Reserved.